ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小芝風花 あさが来たでバトルも私生活は仲良し母娘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 連続テレビ小説『あさが来た』であさ(波瑠)の娘・千代を演じる女優の小芝風花(18才)。劇中ではあさに素直に甘えられず、唇をとがらせて“いけず”をいっては母娘バトルを繰り広げるが、私生活では、母親ととても仲がいいのだという。

「幼い頃はフィギュアスケートを習っていて、母とは二人三脚の“戦友”のような絆があります。芸能界に入ってひとりで外の世界へ出るようになってからは、母にも自分の意見をきちんと伝えられるようになりました。正直に本音を言い合える大好きな母です」

 妹と3人でお風呂に入って語り合うことも少なくないそう。今年の目標を聞くと、「家族で温泉旅行に行きたい」とほほえましい。20才になったら、「お揃いのおちょこをプレゼントして、母と一緒にお酒を飲んでみたい」のだとか。

「家族は話し方も似てくると思うので、『このセリフはお父ちゃんで聞いたことがあるな』とか、『お母ちゃんっぽい』とか考えて、演技を工夫しています。みなさんに“新次郎とあさの子供なんだな”と感じていただきたいなと思って」

 物語では未来の夫(工藤阿須加)と出会い、千代が大人の女性へと成長していく。小芝にとって既婚者や成人の役は新境地。あさとの関係性も変わるといい、この先の彼女の“変化”を見守りたい。

撮影■中村功

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
『あさが来た』小芝風花 水と油な千代とあさの関係性語る
久しぶりに会ったYURI 僕にとびっきりの笑顔を見せてくれた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP