ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元住民も騒然!地上300mに、度胸試しの“ガラスの滑り台”が出現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世の中の人たちは、そんなにスリルを欲しているのでしょうか。

“ガラスのプール橋”や、“ありえない高所ホテル”など、以前からこのサイトでもさまざまなアトラクション(!?)をご紹介してきましたが、今度は米・ロサンゼルス“ガラスの滑り台”が登場し話題となっています。

世界初!?スリル満点の滑り台

この夏ダウンタウンにオープンする銀行ビルにお目見えしたのは、およそ13mの滑り台。

このビルには「Skyspace LA」と呼ばれる4つの展望フロアが建設中で、完成すればインドア、アウトドアから360度のパノラマビューが楽しめるそうです。

注目のL.A.最新スポット!

このほか館内にはレストランやショップなどがオープン予定ですが、この“驚愕の滑り台計画”には誰もが驚きを隠せなかったようです。

滑り台のガラスの厚さはおよそ2.5cm(薄い!)。シースルーのガラスを通して、上下、サイドのどちらからも絶景が楽しめるそうです。

こちらのアトラクションは、今年6月25日オープン予定。料金は1人25ドル(日本円で約2800円)。オンラインチケットの発売は3月18日からスタート。

スリル満点の滑り台で童心にかえってみる?

OUE SKY SPACE
https://www.skyspace-la.com/

旅行(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP