ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の極小高精細カメラを搭載!スマホと連動するホームタイプのマイクロスコープに注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一見、普通のマイクロスコープ。他と違うのは、ただ1つ。画像をスマホから見られるところ。

サンフランシスコのスタートアップが開発したのは、150倍率でフォーカスできる「ScopeAround」。独自設計によって、被写体の1センチ近くという、至近距離での観察を実現した。

・3つのカメラヘッドで3通りの観察ができる!

驚くほど詳細な動画や画像を配信する防眩レンズと、LED照明技術を備えた「ScopeAround」。取得した画像は、独自の高速画像伝送技術を用いて、シームレスにユーザーに提示される。

本体は、3つのカメラヘッドによって、3通りの方法に対応。ステージユニットに被写体を置く一般的な観察はもちろん、手で持ったり、内視鏡のようにごく狭い部分を覗くことも可能。シーンに合わせてフレキシブルに利用できるのも、この製品の大きな特長だろう。

特に優れているのは、内視鏡タイプ。直径わずか5.5ミリメートルという、極小高精細カメラの搭載は、世界で初めてだという。

・ミクロの世界をより身近に

マイクロスコープというと、歯科医院や研究所など、プロ仕様のイメージがあるが、これは完全にホームユースを目的として作られたもの。

歯磨きのチェックや子どもの自由研究、車の不調原因探究など、使い道もさまざま。拡大画像をパソコンやスクリーンの画面ではなく、スマホで確認できるところも、うれしいポイントだ。

現在、プレオーダー受け付け中。価格は、単体で169ドル(約1万9200円)。3タイプセットは、219ドル(約2万5000円)で入手可。

ScopeAround

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP