体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワイキキで大人気!「グルメシェイブアイス」3選

hawaiing-shaveice160303-01

hawaiing_profileHawaiing
最新ハワイニュースから、ハワイ通のあの人のおすすめグルメ、ロコ直伝のとっておきのハワイの楽しみ方まで、さまざまなハワイ情報を配信するウェブマガジンです。
http://hawaiing.com/

暑いハワイで一度は楽しみたいシェイブアイス。今、ハワイのシェイブアイスはニューカマーが続々登場! 単なるかき氷ではない、こだわりのひと皿が食べられるワイキキの3軒をご紹介。

01.アイランド・ヴィンテージ・シェイブアイス
160303_hawaiingice_01

アサイボールが人気の「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」から、昨年オープンした「アイランド・ヴィンテージ・シェイブアイス」。すべて生のフルーツから作られたというこだわりのシロップに、バリエーション豊富なトッピングが魅力。こちらは、「ヘブンリー・リリコイ・シェイブアイス」(7.85ドル)。リリコイとストロベリーのWシロップに、コンデンスミルクがかかり、さらに自家製モチとプチプチのボバ(タピオカ)をトッピング。さらに、中にはフローズンヨーグルトが隠れているという、贅沢なひと皿。ふたりでシェアしても十分なボリュームです。
160303_hawaiingice_02

ケイキサイズ(子供用サイズ、4.25ドル)。ストロベリーとアサイのWシロップで。

160304_hawaiing-shaveice_03
場所は、「ロイヤル・ハワイアン・センター」の1階、「ケイト・スペード」のむかい。カラカウア通りに面した、小さなショップスタンドです。

02.レモーナ・ハワイ

160303_hawaiingice_04クヒオ通りのすぐ裏手にある、「レモーナ・ハワイ」。新鮮なフルーツを抽出し、できるかぎり砂糖を使っていないヘルシーなシロップに、果肉がそのまま食べられるほど甘いという、ハワイ島産のマイヤーレモン果汁がすべての種類に入っているそう。人気の「パパイヤ」(6.50ドル)。食べる前にマイヤーレモンをぎゅっと絞るのが新鮮! 独自の製法で作られたふわふわの氷の食感も見逃せません。 160303_hawaiingice_05玉露と同じ製法の碾茶(てんちゃ)抽出した抹茶に、北海道十勝産の小豆を使用した、贅沢な和メニュー、「抹茶withあずき」(7.50ドル)。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。