体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

彼氏のプロポーズ待ちの人に見てほしい!結婚する前にやっておくべき5つのこと

f:id:keimanahensyu:20160225154741j:plain

30代は彼がいる人もいない人も将来について思い悩む時期

30歳を過ぎると、結婚・出産を経験する友人も増え、結婚への焦りが切実になってくるもの。彼がいても煮え切らなかったり、価値観が合わなかったりしても、「いつかは何とかなるはず」と、ズルズル関係を続ける人も多いよう。けれども歳を重ねれば重ねるほど、ピッタリの相手と出会うのはより困難に。「あのとき、見切りをつけておけばよかった」と後悔する30代女性も少なくないのだ。また一般的に20代の頃より、男性から誘われる機会も激減するよう。

そこで結婚・出会い事情に詳しい4人の識者が導く、結婚する前にやっておくべき5つのことを実践して、HAPPYな30代を迎えよう♪

①結婚後の仕事や子どものことをじっくり彼と話し合う

「結婚」=「生活」ですから、相手のお金や人との付き合い方、休日の過ごし方や理想の家族像などをしっかりと把握しておくことが大切。また結婚・出産を経ても働きたいのか、子どもは持ちたいのかといったことも話し合っておきましょう。その上で、妥協点を見つけておくとベストです。(毛利さん)

——————話し合って確認すべき項目リスト—————–

□結婚・出産後のキャリアプラン

□子どもの有無

□家事の分担

□休日の過ごし方

□金銭感覚

□理想の住まい

□親との同居 etc…

理想のライフスタイルや金銭感覚、住まい、実家との距離感などは必ずチェックを。結婚後も働き続けたいなら、結婚後の家事の分担について彼がどのように考えているか、前もって探っておきたいもの。

②自分らしくいられる居場所や熱中できることを見つける

彼に結婚を決意させるには、相手に依存しない「自分の人生」を確立することが大切。自分が幸せだから、相手も幸せにできるのです。そのためには、趣味やボランティアなど、自分が自分らしく生きられる領域を持っておくことがポイントに!(石井さん)

——————自分らしさを実感できるおケイコ例—————–

●ボディワーク系

気持ちよく汗を流しつつ、理想のスタイルを手に入れることが可能。より自分を好きになることにつながり、一石二鳥。

●音楽系

「この曲が弾けるようになった」といった達成感がうまれやすい上に、発表会などの目標ができるのも大きなメリットだ。

●クラフト系

没頭できるマイワールドを、確立することができる。さらに成果が形として残るので、自己実現しやすいのもポイント。

③期間限定同棲をしてみて、彼との相性をチェック

結婚後も働き続けたいなら、結婚前に二人で暮らしてみるのがオススメ。彼にどの程度家事能力があって、どれほど協力的かなどをしっかりチェックして。そのままグズグズにならないように、「1年後に結婚」などゴールを設定するのがポイント。(坂田さん)

④結婚後の生活がイメージできるよう、彼の年収を把握しておく

結婚後のいさかいの原因の筆頭は、お金に関すること。結婚前から彼の収入を把握しておくことは、二人の未来のためにとても重要と言えます。彼に直接聞くのがためらわれるなら、勤務先の採用情報などを調べる、また家賃や趣味に費やしているお金をチェ

ックして予想するのが有効です。(坂田さん)

——————彼の年収が少なかったら…収入をアップさせる方法—————–

●スキルアップに役立つおケイコをオススメする

現在勤めている会社で、評価アップにつながりそうなスキルの習得を提案してみ

るのがオススメ。向上心がある独立志向の彼なら、起業につながる難関資格に挑

戦させるのもよさそう。

●彼の強みを活かせそうな転職先を一緒に探す

「未来の夫の勤める会社」として不足があるならば、今の会社に見切りをつけさせ

るのも一つの手。彼の長所や強み、経験が最大限に活かせそうな転職先を、サイトなどで一緒に探すと◎。

⑤男性に対する知識を深めて、「求められる女」になる

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会