ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リドリー・スコット監督の映画『Alien: Covenant(原題)』にTVドラマ『Empire 成功の代償 』のジャシー・スモレットが出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビドラマ『Empire 成功の代償 』のジャシー・スモレットは、リドリー・スコット監督の映画『プロメテウス』続編となる米20世紀FOXの映画『Alien: Covenant(原題)』に出演する。

マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、デミアン・ビチルとダニー・マクブライドらも出演する。

ストーリーはまだ明らかになっていないが、3部作の2作目となるようだ。撮影はオーストラリアのニューサウスウェールズ州で行われる予定で、2017年10月6日(現地時間)に全米で劇場公開される。

『プロメテウス』の舞台となったのは21世紀の終わりで、1979年に公開されたスコット監督の映画『エイリアン』の30年前という設定だった。『プロメテウス』は全世界で4億ドル以上の興行収入を記録した。宇宙船プロメテウスに乗り込んだ科学者たちが、人類を一掃できるほどの武器を持つ高度な文明の形跡を発見する。

主人公の考古学者を演じたノオミ・ラパスは同作には戻ってこないようだが、ファスベンダーはアンドロイドのデヴィッド役を再び演じる。

シガーニー・ウィーヴァーが出演したオリジナル版の『エイリアン』は、1986年、1992年、1997年の3度にわたってシリーズ映画化された。

スモレットは、シーズン3に向けてリニューアルされるFOXのテレビドラマ『Empire 成功の代償』において、テレンス・ハワードとタラジ・P・ヘンソンの息子のミュージシャン、ジャマル・ライオンを演じる。1992年の映画『飛べないアヒル』でデビューを果たした。

『Alien: Covenant(原題)』にはエイミー・サイメッツ、カーメン・イジョゴ、キャリー・ヘルナンデスらが出演するほか、ビリー・クラダップも出演交渉中だ。

スモレットはCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、ヴィンス・シリンシオン・アンド・アソシエイツと代理人契約を結んでいる。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP