ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若き日の阿部寛 大滝秀治の楽しそうな芝居に影響受けた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『下町ロケット』(TBS系)で熱い演技を繰り広げていた阿部寛(51才)が、新たな境地へ挑戦した。映画『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』(3月12日公開)では、極限の世界に挑む孤高の天才クライマー・羽生を演じ、野心家のカメラマン・深町を演じる岡田准一(35才)や尾野真千子(34才)らとエヴェレストにおける極限の撮影に臨んだ。

 そんな阿部に、撮影現場の話しを聞きにうかがった。試写室の椅子に座り直した姿もかっこいい。ネイビーカラーで統一したニットもデニムのシャツも自然体で、心憎いほどおしゃれ。脚を組み替えるたびに、「かっこいい」と声をかけたい気分だ。

 とその時、レンズをのぞいていたカメラマンが「まばたきしないんですね!」と感嘆の声を上げると――。

「撮影中も、相手がせりふを話している時に、途中でぼくがまばたきすると、どういうわけか毎回、相手がせりふをトチるんですよ! だから、なるべくまばたきしないようにしているんです(笑い)」

――わかります!! 私も大きな目を見開いたまま話す阿部さんの眼力の強さに、次の質問を忘れそうですから。ところで、デビュー当時、年齢を重ねた時の自分をイメージしましたか?

「いやあ~考えもしなかったですね。ただ、29か30か、そのくらいの年の時に、大滝秀治さん(2012年没・享年87)と共演したことがあるんです。その時、大滝さんがお芝居にすごく集中されていらっしゃって、しかも、すごく楽しそうでね。ぼくにはまだ、その楽しさがわからなかったんですけど、目標にしたいな、と思ったんです。恐縮ですけどね。今は少し、その楽しさに近づけたかな、と思っています(見開いた目を一転伏し目がちにして話す、その姿にはまた大人の男の色気がにじむ)」

――50代に突入して、思うことは?

「ぼくは今51才ですが、人生含めていろんなことを考えますね。仕事の上では、年齢とともにいろんな顔ができればいいなあと思っています。

 以前は、しわとかたるみとかが味わいになるとか、考えなかったけれど、今は味わいになるのかなと思ってます。ただ、背だけは厳しい。日本兵とか陸軍の軍人とかをやると、ひとりだけ目立ってしまって(笑い)」

――映画、ドラマ、CMと、阿部さんを見ない日はありませんが、お休みはあるんですか?

「ぬるいと嫌なんですね、ぼくは。きついほうが集中力も上がる。役柄でもそうです。“阿部さんのままでいい”と言われるとつまらない。『エヴェレスト』のような作品とか、反対にコメディーとか、難しければ難しいほど、変われるからやりやすい。高い山のほうが燃えるんですよね。自己満足かもしれないけど(と、ニッコリ)。

 5月公開の是枝裕和監督の映画『海よりもまだ深く』では、これまでやったことのない、情けない、大人になりきれない男をやりますよ。それはそれでぼくにとっては高い山なんですけどね」

――想像もつかないです!

「見てくださるかたを、裏切りたくないんです。自分には“つらいからできない”と言いたくないし」

――ところで、またエヴェレストに行きたいと思いますか?

「エヴェレストの大きさから見たら、今回行ったのはまだほんの足元だと思うんです。本格的な登山はここから先なので、いつかは本格的な挑戦をしてみたいとは思いますね。登山は自分の奥底を見つめる機会であり、自分を鍛える機会だとも思いますし。でも、同時に簡単に触れてはいけない世界、まさに神の領域だと思うと、そう簡単に行ってはいけないと思う。“なぜ山に登るのか”はぼく自身の宿題になりました」

(取材・文/活動屋映子)

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
エヴェレストで撮影の阿部寛 4500m超え命の危険感じる
200kgのアカエイや100km/hで泳ぐカジキ、82kgナマズの写真
英生物学者が捕らえたクロコダイル襲う巨大怪物魚は45kgある

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP