ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

婚活上京中の38歳博多出身女性「毎日キラキラしとるばい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「東京の男の人はみな優しかね」。福岡から婚活のために上京中の大西絵里さん(38、仮名)は目を潤ませてそう語る。

 婚活パーティ、街コン、独身ワイン会など、婚活系のイベントに出来る限り足を運ぶ多忙な毎日。イベントのない日は、都心の立ち飲みバーで出会いを待つ。大学卒業後、地元で続けてきた派遣社員を昨年末で辞め、今年から「3ヵ月」の期間限定で上京した。

 いま、大西さんのように、“婚活上京”する独身女性が増えているという。我が国の生涯未婚率は、2010年には男性20%、女性10%を超えた。過去に例のない非婚の時代。その中で結婚を望む女性たちは、積極的な行動に打って出ている。

「福岡には同世代の独身男性が少ないんですよ。東京に出てきてびっくりしました。30代で独身の人がえらいいっぱいおるんやねぇと。婚活パーティもいっぱいあるし、ばり楽しい! 思い切って出てきてよかったです」

 と大西さんが語るように、地域によって男女の非婚率は異なり、それが独身女性を上京させる理由の一つとなっている。例えば30代男性の未婚率を都道府県別にみると、1位:東京都(約43.7%)、2位:埼玉県(42.6%)、3位:神奈川県(42.2%)。大西さんの住む福岡県は26位で約39.1%。おおよそ男性の非婚率は東日本で高く、反対に、女性のそれは西日本で高い傾向にある。女性の30代、都道府県別非婚率は1位:東京都、2位:京都府、3位:福岡県となっている(2010年の国勢調査をもとに集計)。

 独身男性を求めて東京に集結する女性たち。ターゲットは増えるかもしれないが、経済的負担は少なくないだろう。大西さんは同郷の友人に頼み込んで居候しているという。地元で働きながら東京で婚活をする知り合いの中には、金曜の夜に2日分の食事を冷凍持参して夜行バスで上京、カプセルホテルに泊まって婚活パーティをはしごする倹約家もいるという。

 釈由美子似の大西さん。婚活パーティで出会った3人の男性と、いま“良い感じ”だという。「ばってん、1人に決めるのは、もう2、3人と出会ってからにするけんね。ほんとは、福岡が地元の人に出会って福岡に帰れればいいんやけど、東京は楽しいから、彼氏が出来たらこのまま住み続けてもいいなと思ってます。あ、お金はどうするかと? 無職やけん、食べさせてくれる人がいいんやけど……、もうアラフォーやし、そげな人は見つからんやろうねぇ(笑)」

 仕事を辞めて上京するのはリスクも高そうだが、それだけの強い覚悟が、結婚を引き寄せるのだろうか。女子力アップ・婚活コンサルタントの澤口珠子さんも、婚活上京の効用を語る。

「地方の独身女性は、都会の女性よりも、住みづらさを抱えています。だから東京に出てくると、30代で独身でもこんなに自由に楽しんでいいのだと知って、生き生きするんです。スーパーに一人分の大きさの野菜が売っているのを見て、感激したという方もいました。地方にはあまりないんですよ。このように地方から東京に出てきた方は、モチベーションが高く、ポジティブな状態で婚活をするから、相手の良いところを見ようとする。結果として、成功する確率も高くなるんです。私は“狩場を広げる”ことが大事と言っていますが、都会に住む婚活女性にとってもこの観点はとても大切だと思います」

 大西さんも、おっとりとした博多弁で「毎日がキラキラしとるばい」と語っていた。東京への憧れが、東京で出会う男性をひときわ輝かせているようだ。澤口さんはもう一つ、期間限定がポイントだと語る。

「婚活は、長くやれば成功率が上がるというものではありません。私は基本的に“一年”と言っていますが、集中してやることが大切です。地方から東京に出てくる方には時間的・経済的制約があり、だからこそ、なんとなくダラダラ婚活を続ける、ということをしません。ネット上の婚活サイトで条件に合う男性を見つけて申し込んで、東京まで会いに来る女性もいます」

 とはいえ、現在の婚活の状況は「男性よりも女性の方が積極的」に映ると澤口さんは語る。実際、男性に引かれるからと、婚活上京していることを伏せて活動する女性も少なくないという。

 総務省が先月発表した2015年国勢調査の速報値で、東京圏への人口集中が進んだことが明らかになった。就職のため、進学のため、夢の実現のため――これまでも、地方の人々には東京に魅せられる、あるいは出て行かざるを得ない理由があった。未曾有の非婚の時代、そこに“婚活”が加わるかもしれない。

【関連記事】
【書評】大声で主張せず町や人の後ろから撮って時を見つめる
『女子をこじらせて』著書による独身女性を鼓舞する新エッセイ
婚活で何を得て、何を失う? 最新婚活事情をレポートした1冊

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP