ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『白熱ライブ ビビット』 視聴率増は真矢ミキ効果?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、『白熱ライブ ビビット』の健闘ぶりに注目。

 * * *
 苦戦を続けていたTBSの朝帯『白熱ライブ ビビット』の視聴率が微増ではあるものの、確実に上昇している。『はなまるマーケット』が“勤続疲労”と、『あさイチ』(NHK)の台頭により終了。TOKIOの国分太一をMCに『いっぷく!』をスタートさせるも視聴率はなかなか伸びなかった。

 昨年4月、パートナーに真矢ミキを迎え、出演者、スタジオセット、そしてタイトルも一新し、『白熱ライブ ビビット』がスタートした。

 当初、国分と真矢は、“腹の探り合い”をしているように視聴者の目に映っていたはずだ。無理もない。真矢はざっくばらんな性格でトーク力に定評はあるものの女優である。しかも「もっと演技の仕事がしたくて」所属事務所を移籍。名前も「みき」から「ミキ」に改め、新たなスタートをきった“最初の大仕事”が『ビビット』。おおいに戸惑ったと思う。

 国分は国分で、ジャニーズ内では「MCの名手」として知られ、在京キー局全局にレギュラーをもつ“お茶の間の人気者”として知られている。“てこ入れ”として真矢が加入したことに心がざわつかなかったといったら嘘になるだろう。

 コメンテーターに『スッキリ!』(日本テレビ系)からテリー伊藤氏が“異動”してきたことにより、国分・真矢共に“持って行かれている”場面もしばしばあった。

 とはいえ、昨秋あたりから、スタジオの雰囲気は目に見えて良くなってきている。

 放送作家として、「演者が仲の良い番組は数字が上がる」という持論があることはこれまで何度も書いてきた。特に、演者もスタッフも毎日のように顔を合わせる生放送の帯番組は、これが絶対的条件と言っても過言ではないのである。

 私の想像だが、『ビビット』のスタジオ内の雰囲気が良くなった理由は、真矢ミキの番組への向き合い方が大きいのではないか。

 実は彼女は、『はなまる~』のMCを番組当初から最後まで務めた岡江久美子と大親友なのである。同時間帯の情報番組MCとして、どんなことに気をつけたらいいのか、岡江に助言をもらっていたハズだ。

 ただ、両番組が大きく異なる点は、生活情報一辺倒だった『はなまる~』に比べ、『ビビット』は事件もやれば芸能ゴシップも扱うことなのである。

 国民的アイドルの国分にとってもそうだが、女優・真矢ミキにとって、特にゴシップについて見解を述べるのは重圧だっただろう。「御意見番」というポジションに居る人ならともかく、同業者の諸事情について表立ってコメントすることは芸能人にとって、実はリスキーなことだからだ。

 以前、『女性セブン』で真矢にインタビューした際、彼女は、4時起き、5時過ぎに局入りという朝シフトにもかかわらず、夜の12時過ぎまで翌朝のネタについて下調べをしたり勉強したりしていると明かした。

 事件のニュースでは、「加害者の親御さんの気持ちまで考えるようになった」とも。そのことは女優業に役立っていると言いつつも、自分がなぜこの仕事をしているのか、なかなか答えを見いだせなかった時期があったのも事実だろう。

 だが、前向きで真っ正直でユーモアに溢れ、宝塚のトップスターとして団員をまとめていた真矢は、画面に出ていないところでさまざま努力を重ねたと思われる。

 国分が結婚を発表した際、「こんなに結婚に合っている人はいない」と真矢はコメント。二人の距離が縮まっていることを感じさせられた。『ビビット』で国分の“女房役”をしている真矢にしか言えないコメントだったと思う。

 もちろん国分も変わった。かつて薬丸裕英がそうであったように、生活情報番組のMCとして、既婚者ということは大きなメリットだし、意見を言うということに関して、あきらかにステージが上がったのだ。特にSMAP騒動の際の彼のコメントは、気心の知れた国民的アイドルとして、同じようなキャリアを積んできたアーティストとして、的を射たものばかりだった。

 さらに、『朝ズバッ!』の後期、みのもんたを支え、みのが姿を消してからも番組を守り続けてきたTBSの井上貴博アナと、『サンデージャポン』でも人気で、先頃、自らの恋愛ネタでも話題となり番組に貢献した吉田明世アナらもまた、雰囲気が良くなったスタジオで伸び伸びやっているのがよくわかる。

 井上アナは、みのさんにいじられ、自信をつけ、『ビビット』に異動。『朝ズバッ!』とはあえて異なるカラフルな衣裳で進行に臨んでいる。

 吉田アナは、「サンジャポ」の印象が強いので軽いカンジに見られているが、実は硬軟どちらもやれる実力派。あの吉川美代子先輩も「吉田はいい!」と太鼓判を押しているのだ。

 昨年、吉田アナと仕事をした際、「『サンジャポ』だけでなく、これからは『ビビット』の吉田…と言われるように頑張ります」と決意を新たにしていた。視聴率もインパクトも『サンジャポ』のほうが上なのに、吉田アナが『ビビット』の~と言われたい…と希望するとは、やはり、よほど『ビビット』の雰囲気が良く、やりがいがある番組だということがわかろう。

 TBSの番組は、他局より“打ち上げ”や“食事会”が多いことでも知られるが、恐らく、国分太一も真矢ミキも、そうした機会を増やして、演者やスタッフとの懇親をはかっているのだろう。

 TBSで『はなまる~』がスタートする際、プロデューサーはNHKの生活情報番組に新鮮味を感じ、コンセプトのヒントにしたと言われる。忘れもしない、『はなまる~』第一回目のメインの特集は「味噌」だった。

 この先、『ビビット』で「味噌」をメインに取り上げることはないとは思うが、スタジオの雰囲気や国分&真矢のコンビネーションが劇的に良くなったいま、「はなまるカフェ」のようなゲストコーナーを作ってみても良いのではないかと思う今日このごろだ。4月以降の『白熱ライブ ビビット』に期待している。

【関連記事】
「女性のお手本」真矢ミキ 「みき」から改名の理由とは?
「地井武男の後継者は国分太一」とお散歩番組専門家が高評価
自ら“売り込み”国分太一 企画書持参でプロデューサーと飲む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP