ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大学生のための就職に役立つ資格10選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就職活動を控える大学生のために、就職に役立つ資格を集めてご紹介します。誰でも簡単に取れるような資格はやはり評価は低くなるのが現実です。役立つ資格を賢く選んで、就職活動に備えませんか?どの業界でも役立つものから特定の業界で役立つものまであわせてご紹介します。

大学生の就職に役立つ資格


秘書検定

秘書検定では社会人に必要な基本的なビジネスマナーや接遇・一般知識等が身につけられます。女性に人気の資格で大学生で2級を取得しておくと、就職活動の面接でのマナーを身につけることもできて、役に立つ資格です。

簿記検定

簿記検定は会計の一定の技術・知識を持っていることを証明する資格になります。2級は株式会社等での経理を管理する能力を証明できるので、取得しておくと様々な業種で役に立ちます。大学生の就職の幅を広げる資格です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストは、マイクロソフトのワード・エクセル・パワーポイント等の機能の理解と、一般的な文書作成・計算書作成ができることを証明する資格です。どの職種であってもパソコンを使うのは必須であり、大学生のうちに使うのに慣れておくといいでしょう。就職活動にも役立ち、実務でも活かす事ができる資格です。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、顧客の資産に応じて貯蓄や投資プラン等の資産運用に関して相談に乗ったり、アドバイスしたりできる資格になります。大学生のうちに取得しておくと自分の資産運用にも役立てることができ、就職でもアピールできる資格です。

ITパスポート

ITパスポートはIT機器を使いこなすスキルや能力を計測するための試験です。どの職種でもパソコンを使いこなせる人はニーズがあります。国家資格であり大学生の就職に有利になる資格です。

医療事務

医療事務は、医療機関でのカルテの管理・レセプト作成・経理等の事務作業や、患者の受付けや検査の手続き等を行うことができる資格です。医療機関は全国どこにでもあり、大学生が就職先を探しやすいということがら女性に人気の資格です。

少し難易度が高い資格


宅地建物取引士

宅地建物取引士は宅地建物の取引を行うために必要な資格です。国家資格の中で一番人気があり、ニーズもある資格になります。不動産の知識だけではなく民法や税金関係の知識も身につけることができるので、就職に有利になります。

TOEIC

TOEICは英語でのコミュニケーション能力を評価する世界共通の試験です。世の中の国際化が進む中で、職種を問わず英語のスキルが高い人材はニーズが高くなります。600点以上でビジネスに使える英語スキルがあるという評価が受けられるため、大学生のうちに獲得しておくと就職に有利に働く資格です。

行政書士

行政書士は官公署に提出する書類の作成や手続き代行等を行うことができる国家資格です。行政書士の試験科目は公務員試験の科目と重複しているので、公務員試験を目指す大学生は行政書士の勉強もあわせてすると有利になります。場合によっては独立して、個人的に事務所などを開業することもできる資格で、将来的にも活用できます。

公認会計士

公認会計士とは税務書類の作成・官公署に提出する書類作成・代行等行政書士が行うことができる業務ができる資格です。監査・会計のスペシャリストであることを証明する国家資格です。会計・経営の幅広い知識を身につけることができ大学生で資格を取得すると就職に有利になります。

大学生の就職の準備にお勧めの資格は、実務に役立つ資格

大学生のうちに取っておくとよい資格でどの業種にも共通なのは、ビジネスマナー・英語・パソコンのスキルを身につけることができる資格です。就職活動でアピールできることはもちろん、実務でも活かす事ができる資格になります。

関連記事リンク(外部サイト)

400人のクチコミからわかる!転職にも効く!取ってよかった資格ランキング【専門職編】
400人のクチコミからわかる!転職にも効く!取ってよかった資格ランキング【販売・サービス職編】
目指せ!一生安泰!これからに困らない“食べられる”資格情報

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP