体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

参加すると人生が変わる!? 550kmを走破する過酷なランイベント

生活・趣味
RUN_2

サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」など、世界には「どうしてこんな過酷なレースをするのだろう?」と考えずにはいられないほど過酷なランイベントが多数あるわけだが、ここ日本でも550kmもの距離を走るレースが存在する。それが「東海道五十七次ウルトラマラニック」だ。

選ばれし人には
ゴビマラソンへの出場権が!

10711007_313405745520071_5245631517621934452_n_2

本レースは、レース性を重視した「ラン部門」と旅人気分で楽しめる「ウォーク部門」に分かれ、東京日本橋から大阪高麗橋までのいわゆる「東海道」を5月から11月までの7カ月連続で、毎月1回約80km(1泊2日)ずつ走りながら踏破していく。そして完走者のなかから選ばれた人には、ゴビ砂漠250kmを駆け抜ける「ゴビデザートマラソン」への招待状が与えられるという。

「マラニック」とは「マラソン」と「ピクニック」を合わせた言葉だそうだが、素人目からは、どうしてわざわざこんな過酷なことをするのだろうか、と写ってしまう……。その魅力は一体何なのだろうか? 本大会の実行委員に話を伺った。

人生を凝縮したような
濃度の濃い時間を過ごせる

「かつて飛脚は、宿場でタスキをつなぎながら東海道を3〜4日で駆け抜けたといわれています。そのなかで発展していった宿場の文化や東海道の魅力、そしてかつてこの道を通ったであろう偉人たちに思いを馳せながら走れるのが本大会の魅力ですね。ちなみに今年はオリンピックイヤーということで、例年とは逆に大阪高麗橋から東京日本橋へ向かって走ります」

そう話すのは、実行委員の一人である杉村晋吾さん。じつはこの方、前述したサハラマラソンで日本人最高成績を収め続けているスゴい人!

でも、どうしてこんな命がけなことをするのだろうか?

「サハラマラソンもそうですが、こうした過酷なレースに参加すると、人生をグッと凝縮した時間があるというか、本当にいろいろなことを考えるんですね。今までの生き方を振り返ってみたり、将来について考察してみたり。だから、参加前と後だと生き方がまったく変わってきます」

夜には参加者たちが集う
楽しい時間が待っている

night

また、宿場で過ごす夜の時間も大切なのだとか。

「参加者は、はじめこそぎこちないのですが、宿場まで辿り着くとディナーが用意されていて、そこで料理を食べながらお酒を飲み交わしていくうちに段々と仲良くなっていくんです。そしてレースが終了する頃には仲間と呼べるような存在になっています。なかには生涯の友に出会う人も少なくありませんよ」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会