ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大量のマッチに火がついちゃう⁉︎その先が気になる“トラブル・アート”が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ・ポートランド発のおしゃれライフスタイル誌「KINFOLK(キンフォーク)」最新号に掲載された“シニカルなアート作品”が話題になっています。

テーマは心配・不安

「Anticipation(心配、不安の意味)」と名付けられた同シリーズは、ロンドン在住のデザイナー、カイル・ビーン氏とフォトグラファーのアーロン・ティリー氏のコラボレーション。

1秒先を想像すると、目を覆いたくなるような瞬間を再現し、見る者をハラハラドキドキさせてくれます。

思わず「あっ!」と声がもれるほどのコワさ

“真っ白なシャツにインクが垂れる直前”や…

“落下する卵”

“シャンパングラス横の、ドミノ倒しブロック”など、他人事ながら緊張感溢れる作品が並んでいます。

クリエイターの策略に見事ハマってしまう人も多そうですね。

最近ドキドキが足りないなぁ、と感じている方はぜひ。

Kile Bean
https://kylebean.co.uk/
Aaron Tilly
http://www.aarontilley.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。