ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

経済効果1000億円!カワイイ文化のカリスマ・益若つばさを支える「ハーリー族」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モデルの益若つばさが3月3日に放送された『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演。自身の経済効果が「1000億円」あることが証明され、驚きを示した。

10年ほど前に”経済効果100億円のギャル”と言われていた益若。20種類以上のグッズをプロデュースしているため、益若は「今は1000億円あると聞きました。本当かどうか情報お願いします!」と調査を依頼した。

番組が街中の女性にインタビューを行うと、若い女性を中心に益若プロデュースグッズを愛用していることが判明。服、アイライナー、小物などすべてを含めた売り上げは総額500億円以上だった。経済アナリストの森永卓郎氏は、益若の人気は「グローバル」だとし、売上が激増するキーワードは「ハーリー族」と説明した。

ハーリー族とは、日本の漫画、ゲーム、電化製品、ファッションなどを熱狂的に愛する台湾人や中国人などのこと。台湾の漫画家ハーリー・シーンズさんが、日本の文化を愛するアジア人を「哈日症(ハーリーしょう)」という造語で呼んだことから定着した。

益若はシンガポールのファッション誌で表紙を飾るほど影響力を持ち、今や日本のカワイイ文化のカリスマ的存在。経済効果は直接的な需要の2~3倍と考えられるため、益若の経済効果は売上試算500億円×2で「1000億円」と言えるのだという。「経済効果1000億円」が本当であることを知った益若は、目を丸くし驚きの表情をしていた。

これを観た視聴者は、ネット上に「ヤバイよねハーリー族」「初めて知った」「確かに海外でもつーちゃんコスメとか人気みたいだもんね」「すごいよねハーリー族の皆さんの破壊力」「ハーリー族(アジアで日本文化を真似る人達)にまで影響を及ぼすって凄いな」などのコメントを寄せていた。

かつて経済効果100億円と言われた益若つばささん!今は1000億とも…、それって本当?番組で調査したところ、その経済効果を紐解くキーワードが浮上!「ハーリー族」って何?更に伝説黒ギャル「あじゃ」の今とは!#益若つばさ #ハーリー族 pic.twitter.com/J4ZesXbD9X
– 櫻井有吉アブナイ夜会 (@abunaiyakai) 2016年3月3日

■参照リンク
『櫻井有吉アブナイ夜会』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/abunaiyakai/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

アップル社が求人サイトで「寿司職人」を募集 「応募条件がハンパないwww」と話題に
​矢井田瞳、デビュー15周年記念アルバム発売! 初回盤には1時間超の特典映像も
​CREAM、YouTubeチャンネル登録者10万人突破でスカイダイビング映像を公開!
​「オールナイトニッポン ALIVE」で泉谷しげる、小田和正、藤井フミヤ、ウルフルズ、Superflyら世代を超えた共演が実現
経済効果1000億円!カワイイ文化のカリスマ・益若つばさを支える「ハーリー族」とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP