ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マクドナルドのハッピーセットに”Google Cardboard”のようなVRビューアーがついてくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“VR元年”として期待される今年2016年。Oculus Riftなどのコンシューマー機器が発売されるほか、噂されるGoogleの新型デバイスも発表が近いとみられている。

身近なところでは、Coca-Colaが空き箱を用いたVRビューワー体験を提供するなど、話題に事欠かない注目のカテゴリだ。

スウェーデンのマクドナルドでは3月5日より、組み立てるとVRヘッドセットに変身する箱がついたハッピーセット(海外での呼び名は「Happy Meal」)の販売を開始すると発表し、注目を集めている。

・簡単に“Google Cardboard”のようなVRビューアーに

ボックスは簡単な手順でVRヘッドセット“Happy Goggles”になるようデザイン。

点線に沿って切って展開してから、決まった手順で折りたたみ直し、中にスマートフォンを滑り入れれば出来上がり。これだけで“Google Cardboard”のようなVRビューアーになるのだ。

1970年代にアメリカで最初に登場したHappy Meal。スウェーデンへの導入はもう少し後で、今年が30周年になるという。

これを記念して「世界で最もよく知られたボックスを、ファミリーにとってマジカルで、適切なものであり続けよう」とすべく企画されたとのことだ。

・360°のスキーゲームが楽しめる

ビューアーを楽しむためのゲームも間もなくローンチ予定。

登場するのは“se upp i backen(英語にするとwatch out on the slopes)”という360°のスキーゲーム。

内容は楽しみながらスキーの安全を学ぶもので、スキーを得意とする同国のアルペンスキーチームも推奨しているという。

Happy Gogglesは、現在のところスウェーデン国内のみでの取り扱いだが、マクドナルド側は他国への展開に含みを残しているようだ。

日本でも販売されれば子どもだけでなく、ガジェット好きな大人の間でも大いに話題になりそうだ。

Happy Goggles

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP