ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【新宿御苑】山形牛ハンバーグから函館直送鮮魚まで一度に楽しめるビストロ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

「ビストロ」と聞いただけで心が躍ってしまうのはワタクシだけかしら。かしこまったフレンチはたま~にでいいけど、カジュアルにフレンチを楽しめるビストロなら毎日でも訪れたい! そこで今回は・・・

新宿御苑の住宅街に今春登場した「ビストロ ルポ Bistro Repos」お酒は安旨ワインからヴィンテージワインまで。カジュアルフレンチをベースに山形牛と函館直送の鮮魚を使った極上のお料理がいただけるそう。

白い木のチェアに真っ赤なクッション。内装もとても可愛らしいまさにフランスの裏路地にあるようなお店。若いギャルソンが笑顔でお出迎えしてくださいました。

カヴァもボトルで2,500円~揃うというからコスパいいですよね。

まずはメニューの可愛さにやられちゃった~!(笑)どうです? この無造作に切ったレザーに張り付けられた手書き調の可愛らしい画。くるくると丸めるとまるで宝の地図みたい。もうこのメニュー見ただけで美味しいお店だってわかるでしょう!

カウンター席の黒板にも、この日のおススメメニューが手書きで。こんなところもまさにフランスのビストロのよう。こちらに写っている可愛らしい女性がシェフでございます。今では女性のシェフも増えてますよね。この後、彼女の手から作り出される絶品料理の数々に驚きと称賛の嵐となるとは予想だにせず・・・(笑)。

まずはアントレから。目にも美しいこの盛り付け。自家製のフランスパンがまた美味!

トマトのピクルスがもう最高に美味しいんです。丁寧に湯剥きされた農家直送の酸味あるトマトを、ピクルス液にそのまま漬けこんでいます。白ワインがすすんじゃう味!

このお店は鮮魚もお得意分野だそう。函館直送しているからこそのこの日のラインナップは、くろめぬけ、まかじか、ほっけ。いやぁ~。カルパッチョにしてはモッタイナイでしょ~っ、て感じのぷりっぷり感。

お魚があまりに美味しすぎてついつい白をオーダー。

さて・・・楽しみにしていたお肉! まずは山形牛のやわらかフォアグラハンバーグ! ふっくらと盛り上がったハンバーグ。香りがたまりません。

ナイフを入れるとジュワッととろける肉汁とフォアグラが!

シェフが手切りで仕込んだ超細切りのポテトを揚げたものが上に乗っているのですが、こんな裏技もまたいいよね。

そしてこちら! 山形牛のビステッカ。姉妹店である「Baru Comodo」の人気メニューなんですって。黒板に書いてあったので迷わずオーダーしましたが、110g、200gと量が選べるのも嬉しいサービス。

ワサビソースをたっぷりつけていただきます。

あまりの柔らかさと、肉質のシッカリとした食べごたえある旨みに脱帽。山形牛の美味しさがシェフの技でより極上のお味に変身しています。ご飯欲しい・・・(笑)。

最後にパンペルジュと、ブラマンジェをいただいて大満足。

深夜まで営業しているというので、これからはちょくちょく飲みに寄らせていただきます。まるで隠れ家のような一軒のフレンチビストロは、シェフの技が光る極上のカジュアルフレンチが食べられステキなお店でした。あんまり流行っちゃうと、席がなくなるから心配・・・(笑)。

[寄稿者:かいるあ女王]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/ohanasao/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。