ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

違法ダウンロード刑事罰化認知が70.2%に、オリコンが発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

違法ダウンロード刑事罰化認知が70.2%に、オリコンが発表

オリコンは、2010年1月1日に改正・施行され、さらに刑罰化などが改正された2012年6月改正、10月施行の「著作権法」について、その認知、今後の違法ダウンロード意向などについて、2016年のインターネット調査を発表した(調査期間:2016年1月29日〜2月8日)。

「刑事罰の対象」となる(※)ことへの認知は、70.2%(昨年は70.5%)と減少となるものの、2年連続で7割超となった。

世代別でも、20代で73.9%から73.6%に、30代で72.0%から71.6%に、40代は68.4%から67.2%、と唯一の認知拡大となった10代の63.9%から64.9%を除き、数値を落とした。

認知経路は、調査開始以来、昨年初めてトップとなった「TV番組」(37.5%、昨年37.2%)に「映画館のCM」(37.2%、昨年34.8%)が追従し、他の経路に比べて突出した。

※ 違法に配信されたものを権利者に無断でダウンロードすることは違法であり、刑事罰の対象になる

認知者70.2%を対象に、刑事罰の対象となる内容(※)について知っているかを聞いてみたところ、79.6%が「知っていた」と回答した。

※『CDやDVDなどとして販売、またはインターネット上で有料配信されている音楽・映像』で、『違法に配信されたもの』に該当することを知りながら、ダウンロードする行為が刑事罰の対象となる

「昨年1年間の違法ダウンロード経験」は「なし」が86.9%で、2010年の本調査開始以来7年連続で8割以上をキープし続けている。対して「ダウンロード経験あり」は2015 年の10.7%から13.1%へと増加し、ここ4年では最も高い数値となった。

世代別では昨年、16.5%から18.7%に数字を上げた「10代」の「違法ダウンロード経験」は今年16.9%へ減少、一方「20代」「30代」「40代」は前年比増となり、中でも「30代」は6.8%から11.2%と大幅に数値を上げた。

また、経験者による「ダウンロード機器」の調査では、例年通り「パソコン」がトップだったが、昨年の69.2%から55.7%へと年々割合を落とす一方で、引き続き増加傾向にあるのが「スマートフォン」。昨年30.8%から今年は45.8%と前年比約1.5倍で、「パソコン」に肉薄する数値となっている。

「違法ダウンロード経験」の有無から「今後の利用意向」について見てみると、利用経験者のほうが今後も利用意向がある傾向は今年も変わらず。利用経験者の「ダウンロードすると思う」の数値は前年の15.0%から16.0%に増加するも、「以前より回数/作品は減ると思う」と答えた人は24.3%から18.3%へと減少。

これらを合わせたダウンロード意向者34.3%は過去最も低く、対する「ダウンロードしないと思う」は45.8%で過去最高となった。

一方「利用経験のない人」の利用意向は、「ダウンロードしないと思う」が83.2%と4年連続で過去最高を記録。「すると思う」「以前よりは減ると思う」を合わせた回答はわずか2.6%に留まった。

オリコン調べ(oricon.co.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。