ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランスで「帰宅後の仕事メール」を無視しても良い法案が提出される!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事で疲れて家に帰った後、ゆっくりしたいけれど仕事のメールは無視できない…。これ、ビジネスマンの悩みのひとつですよね。

でも、今後はそんな心配がなくなるかもしれません。フランスで新たに提出される予定の法案を紹介しましょう。

メールを無視していいって
本当ですか?

CNN Money」の報道によると、フランス政府は「労働者がオフィスの外にいる時は、パソコンやスマホに届く仕事のメールを無視する権利を与える」という新たな法案を準備中なのだとか。企業規模ではなく、国の法律で決めてしまおうという動きになるあたりが、いかにも“フランスらしい”と言えるかも。

「ワークライフバランス」か、
それとも「生産性」か

フランスには「週に35時間以上の労働をしてはいけない」という法規定があります。しばしば「働きすぎ」と言われる日本人にとっては羨ましく思えますが、この法規定がフランスの経済成長を滞らせているのでは?という声も少なくないのだそう。

反面、テクノロジーの進化により、いつでもどこでもメールチェックができるようになったことで、この「週35時間制度」が名ばかりのものになっているという指摘も。「INDEPENDENT」の記事によると、フランスの管理職の約半分は、帰宅後も午後8時から午前0時まで仕事をしている、というデータもあるようです。

早ければ2017年7月からスタート

The Local」によると、従業員の帰宅後のメールのやりとりを規制している企業もすでに見受けられるものの、今後はしっかりと「法的に」規制していこうという動きとのこと。

仕事とプライベートをしっかり分けてワークライフバランスをとってほしい、という政府の意向は、どのような形で決着がつくのでしょうか。もし、法案が承認された場合は、2017年7月からスタートする模様です。

Reference :CNN MoneyINDEPENDENTThe Local

関連記事リンク(外部サイト)

成功に必要な「度胸」をつけるためにするべき11のコト
男性は、女性の「美しさ」よりも「賢さ」を重視しつつある(研究結果)
あの人はどのタイプ?ブッダが説く「4種類の友人」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP