ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「写真嫌いな彼女」を撮影した20枚のポートレイト作品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌いな人物である。

すでに交際期間が6年を超えたカップルだったが、ふたりが抱えるジレンマに終止符を打つべく、このたびある約束を締結。撮影を許すかわりに、顔を隠したり後ろを向く権利が彼女に与えられた。

01.

02.

03.

04.

05.

06.

07.

08.

09.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

フードをかぶったり、モノを盾にしたり、あの手この手で顔を隠す彼女。しかめっ面や、“しぶしぶ条件を飲んでる感”が見えて可笑しい。

彼のFacebookには、その他にも数々の作品が投稿されている。写真嫌いなあの人も、これなら撮らせてくれるかも?

Licensed material used with permission by Mikaël Theimer,HP,Facebook,Instagram

関連記事リンク(外部サイト)

【神ワザアート】もしも小人がこの世に存在したら、こんな感じ
実はこの絵・・・絵の具ではなく、すべて○○で描かれていた!
一台のグランドピアノ「Steinway」ができるまで(写真38枚)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP