ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名古屋コーチンが39円!? 絶品鶏料理がリーズナブルに楽しめる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:mesitsu_lc:20151014113406j:plain

名古屋と言えば? 」いろいろと名前が挙がりますよね。

味噌カツ、ひつまぶし、手羽先唐揚げ、きしめん……まだまだ出てきそうですが、なかでも推したいのは“名古屋コーチン”。引き締まった身の持つ弾力は、他の鶏の比でないですよ。

しかし、高級食材のイメージが……そこで今回は、驚きの値段で提供しているお店を紹介しましょう! 名古屋コーチンに並ぶとも言われる三河地鶏も提供している鶏料理を専門に扱うお店「とりの道」です。鶏好きにはたまらないメニューが待ってますよ!

人呼んで“鶏焼肉屋”。イイとこどりのお店です

f:id:hotpepper-gourmet:20160217224354j:plain

名古屋は栄の雑居ビルの2階に紹介したいお店「炭火とり料理 とりの道」はあります。

栄駅からひと駅の矢場町駅から徒歩5分ほどです。焼鳥屋さんではなく、焼肉のように自分で炭火で焼いていくスタイルとなります。それでいて居酒屋さんのようにお酒に合うおつまみも豊富なのが嬉しいんです。

f:id:hotpepper-gourmet:20160217225730j:plain

入店するとパッと目に飛び込んでくるのは、様々な著名人・有名人のサインの数々(この写真では分かりませんが、ぜひお店でご確認を!)。

ここへ鶏料理を求めて、交友関係の幅広いオーナー・店長に会いに、または美味の雰囲気に誘われて、経緯はそれぞれでしょうが、とにかく多くの人に愛されているのが分かるはずです。

期待に胸を膨らませてくださいね!

f:id:mesitsu_lc:20151014113355j:plain

さぁ、入店して席について、メニューをパラっとめくったら、あら驚き、なんじゃこれ!? ってかんじですよ(笑)。“名物 鶏ギョプサル39円”ときましたよ!

気になる表記はまだまだ。ひとつ、名古屋コーチン。ふたつ、日本初。みっつ、鶏ギョプサル!? “高級食材”で“他店では味わえない”、“初耳のメニュー”とくれば、即オーダーですよね!

f:id:mesitsu_lc:20151014113356j:plain

名古屋コーチンのもも肉(39円)

ご覧頂けます? このクオリティで39円ですよ! 驚き以外の何物でもないですよ。もちろん、何人前でもオーダーOKという訳ではなく、お一人様一人前39円です。追加の場合は780円となるそうです。

f:id:mesitsu_lc:20151014113357j:plain

焼鳥のように串に刺さって焼けた状態で出てくるのではなく、焼肉のように自分で炭火で焼いていくスタイルです。お好みの焼き加減で食べられる良さがありますよね。皮をカリッと焼くのが個人的な好みです。

f:id:mesitsu_lc:20151014113358j:plain

f:id:mesitsu_lc:20151014113359j:plain

そうです、まだ鶏ギョプサルの謎は解けていません。しかし、なんとなく想像は付いていますか(笑)? チシャバ、ネギサラダ、キムチ、サムジャンの野菜セットが運ばれてきます。そうです、焼いた鶏肉をチシャバにのせ、ネギサラダとキムチをトッピングし、お好みでサムジャンを付けたら、鶏ギョプサルの完成です!

鶏肉のみでも十分美味しいですが、色々な食感が味わえる上にパクパク食べられるので、病みつきになりそうです。また、この野菜セットは食べ放題なのも嬉しいですよね! (お通し代も兼ねる)

f:id:mesitsu_lc:20151014113400j:plain

f:id:mesitsu_lc:20151014113401j:plain

鶏ギョプサルのトッピングが豊富なんです。基本のチシャバ、ネギサラダ、キムチ、サムジャン以外に、王道のしそ葉やごま葉、もやしナムルにチーズ、変わり種ですと、アボカド山葵マヨやオクラ納豆などもラインナップされています。

トッピングは一品2~300円。どれも鶏肉との相性バッチリだそうで、お店の方としては「まさか~」というものをチョイスして良い裏切りを楽しんで欲しいそうですよ。

f:id:mesitsu_lc:20151014113402j:plain

名古屋コーチンに舌鼓を打った後は、三河地鶏の刺身にいきましょう! 「鶏刺し盛り(780円)」左からレバー、心臓、砂肝です。たまり醤油orごま油を付けて頂きます。名古屋コーチンのもも肉と並んで注文率が高いメニューだそうです。新鮮な鶏だからこそできる刺身は、絶品です!

レバー・心臓・砂肝と、三者三様の食感、風味が楽しめる盛り合わせは、頼むべきメニューとして推しておきます。ただ、仕入れ状況によっては出せない日もあるそうなので、要確認です。

f:id:mesitsu_lc:20151014113403j:plain

月替りからシーズン毎に顔ぶれを変えるおすすめメニューも見逃せません。秋の時季ですと、サンマや芯タンのステーキなどがラインナップされていました。昨年の春の時季には、山菜と名古屋コーチンの炊き込みご飯も好評だったそうですよ。

f:id:mesitsu_lc:20151014113404j:plain

喫茶店のモーニング文化発祥地・名古屋。その中でも確かな存在感を示す某喫茶店で出されている人気甘味メニューがあるのは知っていますか?

その名古屋人が愛してやまない“スイーツ”をリスペクトし、オマージュしたのが「トリノワール(490円)」。サクッとした食感のパンにシロップをかけ、その上にバニラアイスをのせた一品です。さっぱりとした甘さでしつこさが無いので、食後のデザートに最適です。

最後に

f:id:mesitsu_lc:20151014113405j:plain

一番多い客層は30~50代の男性客だそうです。特にミドル層に受けの良さそうなメニューが多く、ドリンクも種類豊富なハイボールや焼酎・霧島(黒宝・金・AX)などガッチリ掴みそうなものばかり。それでも、鶏ギョプサルの持つパワーは、幅広い年齢層にヒットしています。きっかけは39円の名古屋コーチンからでも、絶品鶏料理の数々に魅せられた現・常連客は多いそうです。

牛よりも豚よりも鶏こそが、一番お酒との相性が良いと思っているのは私だけではないはずです。鶏好きに幸あれ!

お店情報

炭火とり料理 とりの道

住所:愛知県名古屋市中区栄5-1-16 団ビル2F

電話番号:052-559-8575

営業時間:17:00~24:00

定休日:日曜

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/strJ000773288/

f:id:mesitsu_lc:20151028175250j:plain

書いた人:

小林雅之

1984年の早生まれ、名古屋生まれ名古屋育ち。販売員、出版社勤務を経てフリーランスのライターに。好きなもの→餃子、焼きそば、二杯目までの生中、喫茶店系の漫画喫茶など。寒い冬は嫌いだ…でも、鍋は好きだ。

関連記事リンク(外部サイト)

知る人ぞ知る“角打ち”の名店・阿佐ヶ谷「裏の部屋」という楽園
【冬限定】ぼってり&ぷりっぷりの牡蠣に“あのタレ”が絡む絶品ご当地丼。浜名湖食材が結集した「牡蠣カバ丼」がバカうまい!
【名古屋きしめん漫遊記】台湾、味噌、カレー、鉄板焼きまで! アレンジきしめんに大注目せよ!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。