ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すき家の通称「フリスビー丼」がしれっと復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「フリスビー丼」の愛称で親しまれ、惜しまれつつ(?)も2014年にさらりと消えたすき家の『まぐろたたき丼』。それが見た目そのままにしれっと復活しています。

【関連:スーパーで気になる「マグロの血合い」 簡単おつまみでデビューはいかが?】

当時の『まぐろたたき丼』の実物は、イメージ写真とあまりにも違いすぎ、愛称の通りフリスビー状態のまぐろのたたきが、丼だけに「ドンッ」と中央に置かれたワイルド盛りつけで、初めての注文者を大・困・惑させた一品。 ただし「見た目は悪いけど普通に美味しい」とも評判で、見た目のネタ的要素もあり地味に愛されていました。
それがいつのまにやら復活。すき家の公式サイトでは、以前のフリスビーの見た目そのまま今度は正々堂々掲載しています。

なお、このフリスビー状のものが乗った商品は、単体だと『ミニねぎとろ丼』のみで価格は350円。他はマグロの切り身も乗った『まぐろ丼』(590円~840円)と、マグロの切り身に山かけがトッピングされた『山かけまぐろ丼』(710円~960円)となっています。※記載は全て税込。

コアなファンに愛された「フリスビー丼」。今回は商品イメージと完全一致の見た目なので、文句を言われることなく多くの人に愛される商品になる(?)かもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

「フリーメイスン」会員気分も味わえる公認グッズ登場 妄想がはかどるぞぉぉ!
豚骨×豆腐!?一風堂から『白丸とんこつ百年豆腐』登場 1日20丁限定だってよ
夜のお帽子「世界最薄」訴訟でオカモトが中国企業に敗訴 賠償金はなんと17円

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP