体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

近所の人から塩をもらうことも可能!昔ながらのご近所付き合いやリソースの共有ができる「Rooster」

rooster_1時代の流れとともに、すっかり影をひそめてしまったご近所づきあい。昭和の時代は当たり前だった風習も、“煩わしい”“面倒くさい”という理由から、今はすっかり廃れつつある。

しかし、一見面倒なようで大きなメリットがあるのも、また事実。切らした調味料をわざわざ買いに行かなくてもいいし、着られなくなった子ども服を、泣く泣く捨てる必要もない。地域の結束は究極のリサイクル活動を生み出し、ひいては強力な防犯体制を築くことになる。

・物品から個人のスキルまで、あらゆるものを貸し借り

rooster_2この点に着目したのが、アメリカ発のローカル共有コミュニティサービス「Rooster」。近隣住民の空きリソースを相互でシェアする、究極の“節約プラットフォーム”である。

その面白さは、ユーザーが提供するすべてのものを、共有できるところ。

“新品同様のソファを譲りたい”“キャンプに行くので、車を貸してほしい”など物理的なことから、“一緒に体を鍛える相手を探している”といったマッチング系、個人の能力やスキルの提供まで、実にさまざまだ。

登録はメールアドレスのみ。サインインすればすぐ、コミュニティに入ることができる。サイト内は、まさにリサイクル天国。物品に関しては、譲渡のみならず、一時的な貸し借りも可能。逆に提供できる何かが自分にある場合は、コミュニティにそれを投稿できるようになっている。

・すべて無償が原則

金銭のやりとりは不可。サイト内の物品、技術等の提供はすべて無償で行う。目的は、リサイクルや賃借によって、無駄な消費を減らすこと。環境に優しいライフスタイルの構築こそ、このサービスの最終目標なのだ。

料金は無料。現在は、カリフォルニアとオレゴンのみの展開だが、今後は随時地域を広げていく予定だという。

Rooster

 

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。