ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清原のヤクザへの憧憬 幼児性の表れか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元プロ野球選手でタレントの清原和博が覚せい剤取締法で逮捕されて以来、覚醒剤の恐ろしさが広く喧伝された。しかし、それだけでなく、清原自身が広域指定暴力団の幹部と偶然に出会えたことを喜んでいた様子や、みずから刺青を入れていたことなど、ヤクザとの関係にも注目が集まっている。暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏が、日本人とヤクザの独特な距離感について論じた。

 * * *
溝口:清原事件は、あらためて暴力団が捌く覚醒剤が世間に蔓延していることを知らしめました。密売人の逮捕にとどまり、入手ルートの全容解明には繋がらないと語る人もいますが、一罰百戒という意味では捜査当局は目的を果たしたと言っていいでしょう。

鈴木:メディアは清原とヤクザとの関係性に注目していますが、プロ野球選手がヤクザに近づくことが問題になるようになったのは、実は最近の話ですよね。暴力団排除条例が施行される前までは、暴力団の宴会でプロ野球選手を見かけることはよくありました。ヤクザにとっては、プロ野球選手や芸能人を連れて歩くのがステータスですから。

 同時に清原のようにヤクザに憧れる日本人はどんな時代にも常に一定数存在して、自ら接点を持とうとする。

溝口:清原のヤクザへの憧憬は、社会人としての自信が持てなかった彼の幼児性の表れではないかと思うんです。清原は刺青を入れていましたね。それを聞いて、二代目竹中組の竹中武組長の話を思い出しました。刺青は、ヤクザとして生きる覚悟を示すために入れる人もいるけれど、気の弱い者がバカにされたくなくて入れるケースが多いというんです。

 刺青を入れるには、まず下書きである筋彫りを入れます。刑務所に入るとき、筋彫りのままだと服役囚に半端者だとバカにされる。だから入所前に大急ぎで完成させる人もいる。刑務所でいじめられたくないというわけです。清原の刺青もそう。彼の人間的な危うさの象徴のように感じました。

鈴木:地方の現場作業員のなかにもヤクザを気取って刺青を入れている人は少なくない。地方コミュニティではヤクザは一種の権力者。それを模倣して、エセヤクザとして肩で風を切って歩きたいのでしょうね。

溝口:アウトローに憧れる人はどんな社会にもいますね。全世界共通の体質です。しかし映画や大衆小説のヤクザはあくまで物語。現実の暴力団とは別物です。

鈴木:ただ、60代から70代のヤクザにインタビューすると「(高倉)健さんに憧れた」という動機で暴力団の世界に入った人がとても多い。

溝口:しかし、今はヤクザ映画を見る若者なんてほとんどいないから、その動機で入る人もいなくなった。

鈴木:そうですね。1973年に公開された映画『山口組三代目』は、三代目山口組の田岡一雄組長を描いて大ヒットしましたが、その後、ヤクザを美化しているとして警察が制作した東映に圧力をかけ続けました。そうした警察の地道な努力が功を奏し、ヤクザ映画の影響力が弱くなったと思います。

●すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。『実話時代』編集などを経て、フリージャーナリストに。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)、『山口組 分裂抗争の全内幕』(宝島社、共著)など著書多数。

●みぞぐち・あつし/1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『暴力団』『続・暴力団』(ともに新潮新書)、『新装版 ヤクザ崩壊 半グレ勃興』(講談社+α文庫)など著書多数。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
任侠映画の乱造 社会にヤクザ礼賛の空気形成する援護射撃に
ヤクザ100人調査 生まれ変わってもヤクザになりたい率判明
ヤクザ食生活調査「たいてい吉野家かすき家」と豪語の組員も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP