ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3月は生のニシンが誠に美味しい季節で御座います @『遊喜や』淵野辺

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さて、みなさんは鯡(ニシン)と言う魚をご存じでしょうか? 戦前は北海道の方でも大量に獲れたので”鯡御殿”と呼ばれる網元の大きな屋敷が建てられるくらい盛んでした。

しかし、その後パッタリと獲れなくなり、今ではニシンも輸入物が少なくありません。

というわけで、最近は”生のニシン”を食べた人も少ないと思われるので、ここはひとまずニシンの美味しさを伝えようと思った次第です。

麻布大学御用達!『遊喜や』

はい。

ということで、筆者もチョイチョイ利用している『遊喜や』で御座います。

”寿司居酒屋”的なスタンスで営業する『遊喜や』は、何気に旬で美味しく安く手に入る魚を中心にメニューを組み立てています。なので意外と

「え?そんな魚も仕入れてんの?」

みたいな出会いがあるので目が離せません。ぶっちゃけ麻布大学以外の人には知名度が低めですが、ポテンシャルは高めで御座います。

刺身でニシンを食べてみた

『遊喜や』の刺身盛り合わせは1200円くらいで二人前あり、非常にお得感満載のメニューです。そして、さりげなくオススメの魚を盛って来るので、とりあえず注文しておいて損はありません。

この日はニシンが入っていたのでラッキーでした。生のニシンを食べた事がない友人も、この脂の乗ったニシンの刺身には満足したようです。

身は柔らかく、どちらかと言えば鯵(アジ)よりも鰯(イワシ)に近いんじゃないでしょうか?

”光り物”と呼ばれる青魚の脂にはDHA、すなわち人間の体に必要な”脂肪酸”が多く含まれているので、積極的に食べたいですね。

また青魚の中でもニシンはクセが少ないので、意外と万人に好まれる魚かと思われます。

寿司でニシンを味わってみた

生のニシンの美味しさを知ったら、やはり”寿司”を試さないわけには参りません。というわけで、『遊喜や』の定番『おまかせ握り』的な何かをオーダーしてみました。

しかし!

この『おまかせ握り』は、ほぼほぼ”デカネタ寿司”なのでボリューム満点過ぎる可能性があります。なので二人以上で訪れた時にオーダーして、足りない分は個別に寿司を注文した方が無難かもしれません。

『おまかせ握り』の中にも当然、ニシンは入っていたのですが、ここはニシンをさらに追加で御座います。

旬のニシンを生で美味しく、しかもリーズナブルに食べられるタイミングを逃すわけには参りません。

赤ナマコも食べてみた

さらに珍しいところでは”赤ナマコ”がメニューにあったので、試しにオーダーしてみました。

正直、ナマコ系は味がない系なので、食べても食べなくてもって感じなのですが、なかなかお目にかかる事のない珍味的な何かとして、とりあえず食べておくのも正解かと存じます。

しかし!

「余っても勿体ないからさ!」

と言いながら大将は豪快に”赤ナマコ”を丸々一本(一匹?)使って、ダイナミックな刺身にしてくれました。

これで500円なら泣いて喜ぶべき案件ですが、素直に喜べない筆者で御座います。

とりあえず……堅いよねw

酢で締めてあると、ちょっとは違うのですが新鮮なナマコはシコシコどころか、鬼のような弾力で顎の疲れ加減が半端ありません。

しかも、頑張ったわりには味も無いと言う……。

自分でオーダーしたものの、これが強制だったらほぼ罰ゲーム的な予感ですね。

とりあえずニシンを食べてみよう!

お寿司屋さんとかに行くと、この様に珍しい魚や珍味に出会えるので、大人になったら月に一度くらいは訪れる余裕が欲しいですね。

特に関東では、あまりニシンを生で食べる機会が無いので、見つけたら是非とも食べてみて欲しいです。

それでは、是非みなさんも近所の寿司屋を開拓して、自分の好みの店を見つけてみて下さい。美味しい魚と出会う事が出来ると思いますよ。

『遊喜や』(ゆうきや)

神奈川県相模原市中央区淵野辺1-16-13

営業時間 12:00-13:30 17:00-23:30
定休日:日曜日、他

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP