体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東日本大震災を忘れない ダンス演劇『いつか みんな なかったことに』中西ちさと代表インタビュー

tumblr_nyzd6cdFAI1uj1gilo1_1280

2016年3月11日~13日、関西の人気ダンスパフォーマンスグループ『ウミ下着』がKAIKA(京都市)で新作『いつか みんな なかったことに』を上演する。

国際的なアート演劇祭として知られる『KYOTO EXPERIMENT 2016 SPRING』出展に向け企画された力作であり、東日本大震災への思いを、関西人が5年経ったこの時期にあえて再考察したという話題作でもある。

東日本大震災の記憶がアートとして、ダンスパフォーマンスとしてどのように昇華されるのか?

ウミ下着代表でダンサーの中西ちさとさんにお話をうかがった。

IMG_3895_1

--『いつか みんな なかったことに』は2011年の東日本大震災に向かい合った作品だということですが、なぜこのタイミングになったんでしょうか?

中西:2011年に一度『ふるえるくちびる』という舞台で震災をテーマにしたことがあるんです。偶然にも3月11日は私の誕生日で……今考えると「若かったんだなぁ」と思いますけど、大阪に住んでいたから被害にあわなくて幸運だったのに、震災のせいで周りから誕生日を祝われるような空気ではなくなってしまったことがとてもショックだったんですね。
当時は自己中心的な気持ちをあえて素直に表現したくて『ふるえるくちびる』を演ったんですけど、5年たって私の中で震災に対する思いが確実に変わってきていることに気が付いたんです。

--どのような変化があったんでしょうか?

中西:少なくとも関西では震災の記憶って風化しつつあるじゃないですか。でも私は誕生日のたびにあの震災やあの日の自分に対面するんです。歳をとって他人の悲しみやいろんな感情が想像できるようにもなったし、私は震災についてなにかしら考えることを放棄したくないと思うようになったんです。

--自己中心ではなく、震災がもたらしたいろんな事象について考えるようになったということでしょうか。

中西:はい。それで実際に被災地を訪れて生の話を聞いてみたくなったんです。去年の12月から今年1月にかけて今回の舞台メンバーと福島県や宮城県の被災地を歩いてゆく中で「『ふるえるくちびる』とは違う形で震災を表現したい」と思うようになりました。

--被災者の生のお話はいかがでしたか?

中西:「思い出したくない」と言いながらも訥々と語ってくれる人、さもテーマパークの体験談かのように面白おかしく語ってくれる人……「興味をもって話を聞きに来てくれる人が減った」と寂しがる人もいました。そして話を聞く中で、他人の不幸を期待している自分に気が付き、何とも言えない気持ちになりました。

tumblr_nztcjjGviW1v16f2co1_1280

福島県の勿来(なこそ)では遠くから来た私をお寿司と刺身でおもてなししてくれたんですが、それを口に運ぶ前に躊躇してしまう私がいたり……とにかく考えさせられることが山ほどあって、震災が一筋縄では扱えないテーマなのだと再認識することになりました。

--そういった心理的な葛藤は舞台表現にどのように反映されていったのでしょうか?

中西:そうですね。口での説明がとても難しいのですが、感じた喜怒哀楽はダンスとしての動きに大きく反映されています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。