ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2000個の玉で音色を奏でる!?北欧のミュージシャンが発明した楽器が面白い☆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今ネット上で話題になっているこの機械…機織り機のようにも見えますが、実は楽器なんです。

スウェーデンのミュージシャンMartin Molinさんが、新しい楽器「Wintergatan Marble Machine」を発明しました。

・約2000個の「玉」で曲を奏でる

「Wintergatan Marble Machine」は、約2000個の「玉」が落下する動きで音楽を奏でるというユニークなもの。

さらにビブラフォン、バス、キックドラム、シンバルなどが組み込まれ、1つの楽器ながらさまざまな音色を奏でます。

映像なしにキャッチーなメロディーだけ聴いてみると、本当に1人で演奏しているの??と改めて驚かされちゃいますよ!

それにしても、たくさんのレバーやハンドルを操って演奏するのはかなり難しそう…。

Molinさんは2014年からWintergatan Marble Machineの製作に取り掛かり、2ヶ月ほどで完成させる予定が、手作業で3000個のパーツを組み立てるなど手間のかかる作業で、14ヶ月かかってしまったのだとか。

・公開当初からYouTubeで話題に!

見た目と音、パフォーマンスのユニークさから、YouTubeで演奏を公開し3日で400万ビューと話題に。

Molinさんは今後、新たな楽器を加えてより小さく、移動に適した形にWintergatan Marble Machineを改良したいそう。

世界に1つの楽器が出す音色、ぜひ直接聴いてみたいですよね。

Wintergatan Marble Machine
http://www.wintergatan.net/

・楽器(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP