ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【静岡女子旅】 静岡の“縁起物”をギュッと詰め込んだ「一富士二鷹三なすび弁当」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


静岡に「一富士二鷹三茄子」という昔からのことわざがあります。
このことわざ、夢に見るものの中で“めでたいもの”を順番に表しているとのこと。特に、正月の初夢でこれらを見ると、とても縁起がよいと伝えられてきました。
縁起がよいこのことわざにちなんだご当地グルメが、2013年に登場しました。その名も、「一富士二鷹三なすび弁当」。静岡市で創業40年の株式会社なすびが開発しました。
弁当の中身は、富士山をイメージしたおむすび、鷹の羽がモチーフのごぼうのせ牛ごはん、徳川家康公が愛した茄子田楽など。まさに「一富士二鷹三茄子」が弁当で“再現”されています。ちなみに、家康公の趣味も鷹狩り。桜えびやブリ、久能の葉生姜、本山茶など駿河の特産品を生かした料理も入っています。
見た目も豪華、量はボリュームたっぷり、そして味もなかなかの高レベルでした。なにより縁起物、これで来年の初夢で「富士山」が見られれば良いのですが・・・
この「一富士二鷹三なすび弁当」は、2016年1月4日~1月31日限定で、1個から注文できます(通常は5個からの注文受付)。1個1,580円+税。静岡市の「なすび総本店」、もしくは「無庵」でのピックアップ限定。受け取り後、久能山東照宮の見晴台で食べるのが縁起ルートとおすすめしています。
「一富士二鷹三なすび弁当」予約電話番号 054-352-1559

なすびグループ オフィシャルサイトhttp://www.nasubi-ltd.co.jp/静岡市シティプロモーションhttp://www.shizuoka-citypromotion.jp/
(Written by Aki Shikama / シカマアキ)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
花粉症に効果 日本唯一の飛び地で発売「じゃばら」商品の数々
知ってた?「プラモデル」発祥のルーツは徳川家康
【どっちのミカタ?】キャラ弁について、どう思う?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP