ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアにはマルウェア感染アプリを検知して自動削除する機能が搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Play ストアの Android アプリには、マルウェア感染アプリや詐称アプリを検知してアンインストールするセキュリティ機能が備わっているようです。Google は数年前よりアプリを手動インストールする際に、アプリがマルウェアに感染していないかチェックする「アプリの確認」機能などを提供していますが、インストール済みアプリをチェックして削除する機能は初めて目にします。機能の詳細は公表されていませんが、動きとしては、マルウェアに感染したアプリがインストールされている場合、自動的に削除し、その旨を通知するというものです。この機能はいつの間にか有効になっていたので、おそらく、最近の Google Play ストアのアップデートで実装され、デフォルト ON になっているのだと思います。

■関連記事
VLC for Androidがv1.9にアップデート、ネットワークストレージやファイルサーバをサポート
Niantic、ポケモン新ゲーム「Pokémon GO」のフィールドテストを3月下旬より開始、テスターを募集中
芳和システムデザイン、Android / Linux対応の日本人向けSoCボード「BLEAD-AGE」のクラウドファンディングを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP