ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

青森県にある「電気のない宿」を知っていますか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私たちの予想をはるかに超えたものでした!

テレビもラジオもない。
あるのは「ランプ」のみ!


青荷温泉、通称「ランプの宿」は、青森県黒石市にある温泉宿。ここにはテレビやラジオといった電気を必要とするものは一切ありません。そのため、暗くなると客室や廊下にはランプの明かりが灯されます。

どうですか、このノスタルジックな雰囲気…。


「デジタルデトックス効果」は抜群でしょう!

“何もない”という贅沢

温泉に入っていても、聞こえてくるのは“自然な音”だけ。

忙しい生活から解放されて、露天風呂に浸かりながら、の〜んびり星空を眺める。“何もない贅沢”もたまにはいいかもしれませんね!

Licensed material used with permission by sanshirok,hiron0117,nakag39,konaaa2,yoseayosea,naokoshoda,siekaffe

関連記事リンク(外部サイト)

露天風呂で青森ねぶたが楽しめる!「星野リゾート青森屋」が幻想的
NY育ちの女子大生が、イギリスの片田舎に留学して手に入れたモノ
シュワシュワ〜!大分県には「ラムネ温泉」があるらしい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP