ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実はドイツ人よりも日本人のほうがよく食べている!バウムクーヘンの秘密

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツ語で「バウム(Baum)」は「木」、「クーヘン(Kuchen)」は「ケーキ」を意味します。

「日本でこれだけ人気があるのだから、本場のドイツではさぞ国民的なお菓子なのだろう」と思ってしまいがちですが、実はドイツにおいてバウムクーヘンはそれほど身近な存在ではありません。

バウムクーヘンの存在感が薄いドイツ

ドイツ人に「バウムクーヘンって知ってる?」と聞くと、「もちろん知ってるよ」と答える人もいますが、「何それ?」という人もいるほど。

ドイツ南西部で暮らす著者は、クリスマスの時期にスーパーマーケットでバウムクーヘン風のお菓子を見かけたことがあるくらいで、日常的にバウムクーヘンを目にすることはありません。

ドイツよりも日本のほうが、ずっとバウムクーヘンが身近な存在だといえます。

捕虜が日本に広めたバウムクーヘン

それではなぜ日本でこれほどまでにバウムクーヘンが広まったのでしょうか。

1919年、第一次世界大戦で捕まったドイツ人捕虜が、広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)で展示したのが日本におけるバウムクーヘンの歴史の始まりです。

彼の名は、カール・ユーハイム。バウムクーヘンのメーカーとして有名なユーハイムの創業者です。

カール・ユーハイムは戦後も日本に残って横浜に店を開きましたが、関東大震災の後神戸に移り、ユーハイムを創業しました。ユーハイムでは、今も創業者が残した製法を守り続けています。材料は小麦粉と卵、バター、砂糖の4種類のみ。

100年近くにわたって愛されてきた伝統を絶やしてはならないとの信念があるからです。

ドイツの「本物」へのこだわり

本家ドイツでバウムクーヘン発祥の地とされるのが、ドイツ北東部のザルツウェーデルという町です。1800年代初頭からバウムクーヘンが焼かれてきたという記録が残っています。

近年日本で人気のふんわりした生地とは異なり、ドイツのバウムクーヘンはずっしりとした重みがあるのが特徴。ドイツでは国立菓子協会によってバウムクーヘンの基準が定められており、ベーキングパウダーを使用しない、油脂はバターのみといった項目をクリアしたものだけが、本物のバウムクーヘンとして認められます。

伝統的な製法で手間暇かけて作られるバウムクーヘンは高度な技術を必要とするため、どこにでも売っているというものではなく、特別なお菓子なのです。

ドイツも認める日本のバウムクーヘン

ドイツ菓子職人連盟会長のゲルハルト・シェンク氏は、日本産のバウムクーヘンについて、「ベーキングパウダーなどの使用を認めているのはどうかと思う」としながらも、「素晴らしい水準にある」と評価しています。

ドイツのバウムクーヘン製作所のなかにも、最近になってミニサイズを発売したり、インターネット販売を始めるなど、日本のバウムクーヘンマーケットを参考にするところが出てきています。

日本におけるバウムクーヘンの進化を下支えしたのが、日本独自のおみやげ文化でした。手ごろな価格と品質の両立を追求する日本人の要求水準の高さ、サイズや味のバリエーションへの創意工夫があいまって、他国に類を見ないほど充実したバウムクーヘンマーケットが日本で発達したのです。

ドイツから遠く離れた日本で独自の進化を遂げたバウムクーヘン。伝統を守るドイツ産も、バリエーション豊富な日本産も、それぞれの魅力がありますね。

[ドイツのバウムクーヘン|Allabout]
[バウムクーヘンの文化史~「ドイツの味」はいかにして「日本の味」になったか(朝日新聞社電子書籍)]
[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。