ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

竹内まりや 「自分を律して仕事する」とジャニーズを尊敬

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 嵐の新曲『復活LOVE』は、作曲が山下達郎(63才)、作詞が竹内まりや(60才)という、大物ミュージシャン夫婦によるものだ。これまで、山下は近藤真彦『ハイティーン☆ブギ』や、KinKi Kids『硝子の少年』などの作曲を手がけ、竹内も『今夜はHearty Party』のなかに“キムタク“という言葉が登場させるなど、夫婦とジャニーズとの関わりは強かった。ふたりは、ジャニーズのコンサートに行くことも多かったという。

「山下さんや竹内さんが、交流のあるジャニーズのアイドルのコンサートに足を運んで楽屋に行った時、彼らの後輩が挨拶に来ていることも多く、自然な流れで夫妻と面識を持つようになったんですよ」(スポーツ紙記者)

 例えばNEWS。2008年にリリースされたアルバムに収録された『SNOW EXPRESS』を山下が手がけている。メンバーの増田貴久(29才)と山下は、今から15、16年ほど前、増田がジャニーズに入って2年目ほどの時に出会っているという。

「ちょうどその時、青山劇場で少年隊が出演していた舞台『PLAYZONE』に、増田さんがバックダンサーとして出演していたんです。その舞台をたまたま見に来ていた山下さんが、“あの子(増田)いいね”ってなって、公演後、増田さんを呼んで“よかったよ”って声をかけたのがきっかけだったとか。

 竹内さんも増田さんのことを“まっすー”と呼んで目をかけているそうですが、彼女は、増田さんに限らず、ジャニーズが大好きなんです。彼らは、歌はもちろん、俳優もやるし、ダンスもやるし、番組の司会とか、ニュース番組のMCとか、あらゆる分野に全力投球している。それでいて、常に自分を律して仕事をしているのが、ただただすごいって、尊敬しているんです。だから何事にも一生懸命なジャニーズの子たちを愛しく思っているんでしょうね」(前出・スポーツ紙記者)

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
『同電』『受け』『担降り』など ジャニーズJr.用語を解説
ジャニーズJr.京本大我 今の僕がいるのは滝沢くんのおかげ
ジャニーズ年越し公演 フジTV生中継中止でファンの嘆きの声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP