ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あさが来た』応接室はマッサン社長室 セット担当者の工夫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気NHK連続テレビ小説『あさが来た』。その世界観を作り出すためのファーストステップとして重要なのがセットだ。撮影は、ほぼすべて、NHK大阪の200坪のスタジオで行われている。そこでセットを作っているのは、装置チーフ・市川康志さん(つむら工芸)だ。いわゆる「大道具」と呼ばれる市川さんは、どんな思いを持って『あさが来た』のセットを作っているのだろうか。話を聞いた。

 * * *
 セットを作ることは、世界観を作ることだと思っています。ぼくたちのセットを見て、小道具さんが飾りを作っていく。その次に、衣装さんが着物や洋服を作っていく…最後には演者さんがどう演じるかにつながっていく。

 世界観というバトンを作って渡していくんです。最初のランナーであるぼくたちの責任は重大です。だから、ぼくたちが手を抜いたり、世界観がぶれたりしたら、それなりのドラマにしかならない。とことん妥協せずに作り込みます。

 朝ドラは『てるてる家族』(2003年)から携わらせてもらっていて、今回で13回目です。台本のない状態からしっかり資料を探して読み込んで、その時代について勉強します。今回ももちろんそうしました。その上で、そのドラマのテーマに合わせた色をセットに使っています。

『あさが来た』では、柱や壁に赤茶っぽい色を使うようにしています。これは、女性の柔らかいイメージを表現するためです。

 ただ、主役はあくまで演者さん。芝居の邪魔をせず、自然に溶け込むセット作りを目指しています。また、スタジオの広さに限りがありますから、撮影の度にプラモデルのようにセットを組み立てます。

 毎回、ゼロから作っていては、スケジュール的に厳しくなるので、1つのセットを使い回して、複数の建物に見せています。

 加野銀行、あさの実家・今井家、はつが嫁いだ眉山家、加野屋――この4つは、1つのセットなんです。障子や襖などを変えています。例えば、加野屋を加野銀行にするとき、障子をガラスに変えました。あと、大阪商人が集う大阪商工会議所の応接室は、『マッサン』では鴨居商店の社長室でしたし、加野炭坑で炭坑夫が寝泊まりする部屋は、ウイスキーの樽小屋でした。

 ちなみに、昔のガラスは今より透明感がないので、フィルムを貼って、わざと透明感をなくしています。

 予算にも限りがあるし、解体しても組み立てやすくするため、加野銀行の門は、すべて鉄製では作っていません。枠の部分だけは鉄製ですが、あとは木材と塩化ビニル製の水道管を使っています。塩ビを使ったのは、セットに使える材料がないかホームセンターに常日頃通っていて、それがヒントになりました。

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
NHK朝ドラ あさがうめに相撲を挑む感動シーンが今後登場か
性生活の満足度のTOP3は鹿児島、山梨、福井 最下位は愛媛
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。