ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浅草のボランティアガイド 英語での説明が好評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本を訪れる外国人旅行客(インバウンド)が2013年に1000万人を突破、年々その数は増え続けている。数ある日本の観光地の中でも、外国人に人気が高い場所の一つが東京・浅草だ。

 春の陽気となった2月下旬の日曜日、浅草を拠点にするボランティアガイドグループ、東京SGGクラブに所属する主婦・大石恵さん(55才)の姿が浅草寺にあった。ガイドをすること6年目。これまで100組以上の外国人のガイドを務めてきた。

「英語圏以外の外国人のかたに、ガイドブックやマニュアルの英語だと理解してもらえなかった言葉を、私がわかりやすい英語に置き換えて説明すると、『なるほど!』と理解してもらえることがあります。その瞬間は本当にうれしいですね」

 そう語る大石さんがこの日、ゲストに迎えたのはハワイから来た老夫婦と、アメリカ本土から来た若い女性の計3人。人ごみの中、はぐれないよう3人を頻繁に振り返っては、

「Please follow me!」(私についてきてください)

 と笑顔で呼びかける大石さん。高齢で右耳が聞こえにくい人には、左耳のほうからゆっくりと話しかけるなどの細かい配慮はもちろん、ユーモアも忘れない。

 吾妻橋では、アサヒビールの金の炎のオブジェを指し、クイズ形式で「これは何と呼ばれていると思う?」と質問。首をかしげるゲストに、

「Its nickname is a golden turd」(このビルは“うんこビル”と言われています)

 と教えて、笑わせる。こんなふうにゲストとの距離を一気に縮めるジョークもお手の物。すっかり彼らは大石さんに打ち解けていた。

 午前11時に浅草駅前の浅草文化観光センターから出発し、吾妻橋、雷門、仲見世通りを経て、浅草のシンボルである浅草寺でお詣り。そして浅草寺の隣の浅草神社を見てから解散、という2時間コースを巡る。

 面白いのは、外国人への説明のユニークさ。1880年創業の日本初のバーとして知られる「神谷バー」。その名物といえば「デンキブラン」だが、大石さんはデンキブランについて、「Electric Brandy, having 40% alcohol content, it will give you an electric shock!」と説明した。

 人形焼きの実演は「how to make a doll shaped sponge cake」。決して難しい単語を使わず簡潔に表現しようと心がけていることが窺えた。

◆おみくじや賽銭についても英語で分かりやすく説明

 そして一行は、もっともにぎわう仲見世通りを通り抜け、今日の目玉となる浅草寺へ。「What’s this!?」

 おみくじの前で立ち止まるゲスト。大石さんは彼らに、「People are shaking a fortune box」と、おみくじの説明をして、実際に引いてもらう。シャカシャカシャカ。まずは若い女性が箱を振る。穴から出てきた木の棒には「1」の数字。1番の引き出しを開け、紙を取り出すと──。

「Oh! This is the best one! It’s Great fortune! Congratulations!」(わお、これは大吉だ。おめでとうございます!)と、大石さんが拍手で祝福。

「I made it!! I made it!! So do many people get this?」(やったわ! うれしい! 大吉は結構な確率で当たるの?)

 そう尋ねる彼女に、大石さんは浅草寺のおみくじの大吉、吉、小吉、半吉、凶の割合と、その割合がずっと変わらないこと、そして大吉がいかに幸運かを伝える。

 そしていよいよ本殿へ。ここで気になるのが宗教の問題だ。海外からの観光客に仏教信者は少ない。しかしクリスチャンであろうと、少しでも浅草寺を楽しんでもらうため、大石さんはここでも工夫を欠かさない。どんな国のどんな宗教でも心に迷いがあれば助けてくれる神様だと説明したうえで、こう加えた。

「As for offerings, the amount of money doesn’t matter at all, you know, God is never ever interested in money, right? Only the people who work for this place are. They must think about it」(お賽銭に関しても神様はお金をもらっても使えないから気持ちだけでいいんですよ。お賽銭をもらって喜ぶのは寺で働いているお坊さんかもしれないですね)

 この言葉に安心した表情を見せたゲストたち。最後まで笑顔の絶えない2時間だった。大石さんはこう語る。

「どう伝えれば日本のことを好きになってもらえるか、気持ちいい時間を過ごしてもらえるか、そんなことを考えながら話しています。もちろん、わからない単語などもありますが、そこは聞き直せばいい。堅苦しく考える必要なんてありませんから。大変そうですか? いえいえ、本当にただただ楽しいです」

 大石さんは6年前に実父を肺がんで亡くしてから、それまで勤めていた外資系アパレルの仕事を辞め、一人娘として老齢の母親の介護をしている。そのため緊急時には休めるガイドの活動を、今は週に3回ほどしている。

「今後は、来る2020年の東京五輪パラリンピックで、車いす移動をする外国人客に英語で手助けをしたい」

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
凶が多いといわれる浅草寺のおみくじ 古来からの割合を厳守
浅草寺の執事長 初詣では大晦日22:30に本堂前にいること推奨
旅行者過去最多の東京 今なお代謝し新旧の魅力が融合する街

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。