ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

哀愁を笑いに変える「サラリーマン川柳」傑作選 人間関係編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「サラリーマン川柳コンクール」の入選作品100句が2月17日に公開された。仕事上の不満や家庭内での嘆きを、哀愁漂う笑いに変え続けて今年で29回目。全国から3万9551句の応募があり、投票を経て5月にベスト10が決定する。

「サラリーマン川柳には当たり年があります。話題が多い年は面白いことが多い」(川柳作家・やすみりえ氏)というように、今年の作品は粒ぞろい。サラリーマン川柳らしい題材といえば、職場の人間関係をテーマにした句だ。まずは上司の困惑が滲み出る句から。

【部下の言う 『課長やばい』は褒め言葉】(無粋上司)

 ちなみにこの場合の「やばい」は「仕事ができる」「理解がある」といった「すごい」に近い意味。一方で、本来の意味で「やばい」上司はこう揶揄される。

【課長また アレアレ詐欺のような指示】(笑司)

「アレをアレしとけ!」なんて指示をしていませんか。歳を重ねると、どうしても言葉が出てこなくなるものですが……。「倍返し」など、2年前は銀行を舞台にしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)に関係する言葉を絡めた句が多かったが、今年は阿部寛主演で下町の工場を舞台にした『下町ロケット』(TBS系)に関係する句が目立った。どちらも高視聴率を叩き出した大人気番組である。

【下町が 見せた日本の底力】(ふうたん)
【銀行と ロケットをみて憂さ晴らす】(トミー)

 サラリーマン川柳は会社内や家庭での不遇に対する悲哀を、流行語に乗せてしたためた句が多い。遡れば「川柳は江戸時代から憂さ晴らしとしても詠まれていた」(川柳作家・杉山昌善氏)という。

※週刊ポスト2016年3月11日号

【関連記事】
哀愁漂う「サラリーマン川柳」傑作選 マイナンバー編
悲喜こもごも「サラリーマン川柳」傑作選 五郎丸編
シルバー川柳傑作選 「アーンして」むかしラブラブいま介護

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。