ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エヴェレストで撮影の阿部寛 4500m超え命の危険感じる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』(3月12日公開)で、世界最高峰の頂を目指す登山家・羽生を演じた阿部寛(51才)。極限の撮影に臨んだ彼にインタビューを行った──。

 東京・六本木にある映画会社の1フロアは、撮影準備を行うカメラマン、映画会社スタッフでごった返している。試写室内で撮影ができることになり、準備万端待っていた私たちの前に、うっすら髭を生やした阿部寛が、静かに現れた。「ここでいいですか?」。挨拶の後、そう言って椅子に座った阿部寛は、穏やかに微笑んでいる。

──早速ですが、もともと山はお好きだったんですか?
「いえいえ。まったく経験もないから、体調管理も万全を期したし、高地に慣れる準備をしました」

──例えばどんなことを?
「ロープを使って岩を登ったり、ボルダリングをしたり、低酸素室へ入って、低酸素状態に慣れる訓練とか、3か月くらいかけてしたんです。せっかくエヴェレストに行くのに、途中で迷惑をかけたり、山を下りるようなことがあれば、終わりですからね」

──以前から登山家はなぜ大変な思いをしてまで山に登るのか、と思っていたんですが、映画を拝見して、俳優さんも、なぜこんなに過酷な思いまでして撮るのかと思いました。
「ハハハ。でも、お話をいただいた時、ぼくはふたつ返事でお引き受けしたんです」

──えっ、まさかの即答ですか!
「はい。だって俳優人生でそうはない経験になると思ったんですよ。エヴェレストが舞台だなんて、最高の場所じゃないですか!」

──それはそうですが…。現地はいかがでしたか?
「実際にネパールに行ってエヴェレストを見た時、その広さ、奥行き感に言葉を失いました。それがまた映画にしっかり映っていたので、ああ、行ったのは正しかったのだ、と思いましたね」

──かなり過酷な状況だったのではと推察しますが…。

「4500mくらいまでは、そんなにつらくなく行けたんですけど、それを過ぎたら、急に背後に命の危険を感じましたね。落石も雪崩もあるし、寒さも違うし、空気も薄くなってきて。夜寝ていても微妙な頭痛がして、何度も目が覚めるんです。2時間くらい眠ると、頭が痛くなって、これはやばいなって(笑い)」

──そんな思いをしての撮影だったんですか!
「スタッフとはぐれたりすると、死ぬ確率がグンと高くなるのがわかる。実際に、いつ死んでもおかしくないって、常に思っていました。だから、トイレに行くのも緊張しましたね。エヴェレストの大きさから見たら、ぼくら撮影スタッフなんて“点”でしかないですしね」

──その過酷さは画面にも余すところなく描かれていますね。ホントに大迫力でした! でも私は絶対行きたくないです!! あっ、すみません。
「ハハハ。すごいところに来たな、と思いましたよ。氷河が巨大な石を持ち上げている光景なんて、CGみたいな世界ですし。でも、夜中にトイレに起きた時、ヤクが眠らないで動いているのを見て、すごいな、こんなところで1頭でも生きている、と感動するわけです。自分も動物の社会というか、神の世界に近づいていくのを感じました。同時に自分の無力さも感じて帰ってきましたけど(笑い)」

取材・文■活動屋映子

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
エヴァが好きなDAIGOと加藤夏希 等身大フィギュアと共演
200kgのアカエイや100km/hで泳ぐカジキ、82kgナマズの写真
エヴァ街コン 共通の話題が多く話しやすいと参加者から好評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP