ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国受注のインドネシア高速鉄道 工事まだ開始せず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本がインドネシアの高速鉄道受注で中国に敗れて約半年。当初、中国はすぐに工事に着手し、3年以内の完成を宣言したが、どうも雲行きが怪しい。ノンフィクションライター・水谷竹秀氏が現地からレポートする。

 * * *
 濃緑の茶畑が見渡せる山の一角に、ゴム林を切り開いた幅約200mの更地がずっと奥まで続く。周囲には立ち入り禁止の黄色いテープが張り巡らされ、更地に等間隔に立つポールには赤い旗が夕風に揺らめいていた。その近くで屋台を営むディアンさん(34歳)は、コーヒーに熱湯を注ぎながら言った。

「ジョコウィ大統領が出席した着工式の日には客がたくさん来て、1日で300万ルピア(約2万5千円、1万円=約119万ルピア)も売れたの。でもその後は工事が行われていないから作業員もいない。客が一気に減ったから、今は1日当たり20万~30万ルピアしか稼げないわ」

 ここはインドネシアの首都ジャカルタから南東に100km超、車で約3時間の西ジャワ州ワリニ。時折小雨が降る、2月半ばのことだった。

 この約1か月前の1月21日、ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領らが出席し、ジャカルタと商業都市、バンドンを結ぶ中国受注の高速鉄道事業の着工式が行われた現場である。同区間(約140km)は現在、高速道路や国鉄が走っているが、所要時間は約3時間で、渋滞が起きればさらに長引く。そこに高速鉄道を走らせ、交通時間を40分に短縮するのが事業計画だ。駅は全部で4つ。2019年初めの開業を予定している。

 首都ジャカルタが位置するジャワ島は人口過密地域で、インドネシアが抱える人口、約2億5千万人の6割に当たる約1億3千万人が集中する。

 特にジャカルタは近年、高層ビルの建設ラッシュが進み、車が溢れる街の渋滞問題は深刻化の一途をたどっている。政府は渋滞緩和策をこれまで実施してきたが、解消の兆しは見えない。そんな状況下で高速鉄道計画は進められた。

 しかし、私が更地を訪れた段階では運輸省による建設許可が下りていないため、工事は一向に始まる気配を見せていなかった。

 この更地から数百m離れた道路沿いの空き地には、重機4台と白いトラック5台が放置されたままで、周囲は閑散としていた。前述のディアンさんは語る。

「作業員たちは3月に戻って来ると聞いたわ。高速鉄道が走れば、バンドンからジャカルタまでの運賃は20万ルピアでしょ? お金があれば乗るかも。でも最近はジャカルタに行く用事もないしね」

 地元住民から高速鉄道に対する需要は特に感じられない。中国案は鉄道とともに駅周辺の開発計画も掲げているが、こんなのどかな田園風景を破壊してまで街作りが必要なのか。そもそもこの高速鉄道事業は誰のための援助なのか。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
【ジョーク】中国高速鉄道事故に政府官僚がコメントしたら…
中国が怖れるダム手抜き工事 決壊すれば死者26万人の過去も
鉄道専門家「事故車両を埋める中国なら再度事故が起きる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP