ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お値段は? 世界記録は日本人? ウイングスーツのトリビア「6選」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やCMでよく目にすることもあるこのウイングスーツには、知られざるトリビアがいっぱい!

【トリビアその1】 スカイダイビング経験が ○○回以上も必要?

 ウイングスーツを着用して空を飛ぶには、最低でも200回以上のスカイダイビング経験が必須だそう。さらにこの条件をクリアしていたとしても、スカイダイビングと違って体の動きに制約が多いため、飛行中の姿勢や離着陸方法の特訓をしなければならず、経験者からの1対1の指導を受けることも必要です。

【トリビアその2】 ウイングスーツの価格はいくら?

世界初の市販ウイングスーツが登場したのは、1999年のこと。フィンランドで立ち上がったBIRDMAN社が販売をスタートし、現在では、世界で4社ほどが製作&販売しています。モデルによって性能とデザインは異なりますが、価格は20万円~と、思いのほかリーズナブル!

【トリビアその3】 最高水平速度の世界記録は363km/h

 コンピューターで解析・デザインされる最新のウイングスーツ。この落下速度は50~100km/hで、水平平均飛行は時速250km/h以上で飛行できるそう。そして、最高水平速度の世界記録は、なんと363km/h! 東北新幹線の最高時速よりも早いんです!

【トリビアその4】 ナイロン麻薬と呼ばれる秘密

通称“Nylon Crack”(=ナイロン麻薬)と呼ばれるウイングスーツ。2010年に、BIRDMAN社によってアメリカ中で販売されました。1度飛ぶとやめられなくなるため、“Nylon Crack”(=ナイロン麻薬)として広まったのだそうです。

【トリビアその5】 軍事用スーツも開発中!?

ドイツの企業が、軍事用のウイングスーツを開発しているとの情報も。操縦可能かつ、小型のジェットエンジンを搭載する計画があるそう。これが実現すれば低空飛行も自在になり、航空機や地上のレーダーに見つけられなくなるのだとか。近い将来、ステルス状態で空から奇襲攻撃を仕掛けられるように…!?

【トリビアその6】 なんと世界記録は日本人が保持!


ウイングスーツのギネス記録を保持しているのは、日本人で唯一のプロウイングスーツ・パイロットの伊藤慎一さん。そう、なんと日本人だったんです! 伊藤さんが保持している記録は、「水平直線飛行距離 26.9km」「3D総合飛行距離 28.707km」「最高飛行速度 時速363km」の3つです。とはいえ、命をかけてウイングスーツで空を飛行する魅力は一体なんなのでしょうか? 世界記録を持つ伊藤慎一さんに直撃してみました。

「一度、空を自由に飛ぶ感覚を味わうとやめられなくなりますよ。長く遠くに飛んだり、他の人と一緒に飛んだり、アクロバティックに飛んだり、山肌ギリギリに飛んだり…と、色々な楽しみ方があるのも魅力ですね!」

地上にはない感覚と魅力がたっぷりのウイングスーツ。使用するには、経験とトレーニングが必要ですが、空を自由に飛ぶ感覚を体験してみたいですね!

Q.ウイングスーツで空を飛んでみたい?
・人生で一度は飛んでみたい!・Nylon Crack(ナイロン麻薬)っていわれたいぜ!・高所恐怖症です

Reference:BIRDMAN社 Licensed material used with permission by 伊藤慎一

関連記事リンク(外部サイト)

廃墟化したスタジアムで撮影された「BMXムービー」。実はライダーにとって思い出の場所だった・・・
イチロー×豊田章男社長が語る「理想のリーダーと強いチームの条件」
スノボの前に要チェック!「雪焼け対策」を医師に聞いてみた

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP