ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで日本のパン屋さん!シカゴ郊外のベーカリー「Tous Les Jours」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

フランス語で「毎日」という意味の「Tous Les Jours/ト・レ・ジュール」は、1997年韓国で創業以来、着実に店舗数を増やし、2004年に全米進出したベーカリーです。イリノイ州ではシカゴ郊外に2店舗オープンしています。

今回は、その2店舗を合わせてご紹介しましょう。まず、こちらは、イリノイ州1号店のグレンビュー店です。

韓国系のお店が集まる新しいモールの一角にあります。

そして、こちらは、2015年オープンのイリノイ州2号店目となるシャンバーグ店です。

シャンバーグは、人気ショップが多く集まっている街です。どちらも店内は明るく、木目調の内装で、優しい雰囲気です。

食パンの種類も豊富です。

デニッシュや揚げパンも充実しています。

日本ではお馴染みのチョココロネやあんぱんもありますよ。

アメリカのベーカリーでは、まず見かけないお惣菜パンもあります。

こちらは、おススメ! なんと、パンの中にハチミツとお餅が入っています。

カフェ・スペースがあるのも、こちらのベーカリーの特徴です。

購入したパンやケーキを食べながら、ゆっくりとお茶ができますね。

カットケーキ、ホールケーキの他にロールケーキ、エッグタルト、マカロンもあります。どれも甘すぎず、ギフトとしても人気ですよ。

材料にこだわった質の良いベーカリーなので、店名通り、「毎日」食べたくなるパンが揃っています。シカゴ界隈で甘すぎないパンを食べたい方や日本のパンが恋しくなった方に、おすすめのベーカリーです。

■Tous Les Jours
グレンビュー店
住所:1685 Milwaukee Ave, Glenview, IL 60025
シャンバーグ店
住所:20 E. Golf Rd, Schaumburg, IL 60173

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP