ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心穏やかな乙女になりたいなら“ドライイチジク”を食べなきゃ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イチジクは「不老長寿の果物」と呼ばれるほど栄養価が豊富なフルーツです。もちろん女性の美と健康に必要な栄養素もいっぱい。イチジクの旬は秋ですが、今なら“ドライイチジク”がおススメ。女性なら避けられない月の周期による気分のアップダウンを抑える効果もあります。心穏やかな乙女になりたいなら、毎日の生活にドライイチジクを取り入れてみては?

イチジクの栄養で美肌になれる!

イチジクは食物繊維が豊富なフルーツです。イチジクに含まれる食物繊維は、水溶性食物繊維であるペクチン。水に溶けるとゲル状になり、胃の中で糖質やコレステロールを包んで排出する働きがあります。もちろん便秘の解消にもOK。ドライイチジクなら100g中に食物繊維が10.9gも含まれています。ミネラルのひとつであるカリウムが多いのもイチジクの特徴です。カリウムは細胞の浸透圧の調整をしてくれるミネラルで、不要な塩分を水分と一緒に排出する効果があります。夕方になると足がパンパンにむくんでしまうのはカリウムの不足が原因かも。そんな悩みはイチジクで解消して、美肌&美ボディをゲットしましょう。

“ドライイチジク”でも栄養価は変わらない?

生のイチジクは秋にしか食べられないので、今の季節ならドライイチジクがおススメです。イチジクは皮のままドライにするので栄養分は変わりません。水分を飛ばして凝縮する分、栄養素もギュッと凝縮されます。イチジクには、貧血の予防に効果的な鉄分も含まれているんですよ。生のイチジクに含まれる鉄分は100g中26㎎ですが、ドライイチジクなら130㎎も含まれています。ただし、その分カロリーも少し高めになるので、食べる量は1日5個程度までにしておきましょう。

イチジクを女性におススメしたい本当の理由は“エストロゲン”

ドライイチジクには、女性ホルモンと同じような働きをする植物性エストロゲンが含まれています。これは他のドライフルーツにはない成分。女性特有の生理前のイライラもお肌の荒れもエストロゲンの分泌が少なくなることによるものです。生理が終わってから排卵日までのエストロゲンの分泌が多くなる時期は、心も体も落ち着いて、ほっこりとした女らしさが漂います。ドライイチジクを毎日の生活に取り入れれば、月の周期によるアップダウンも少なくなって、いつも艶やかな乙女になれるかもしれません。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP