ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Earliest Memories」出演のDear Loving、JURASSIC、LAID独占インタビューを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2000年代前半に、多くのロックファン&ヴィジュアル系ファンを熱狂させていた3バンドが、8月7日(土)渋谷TSUTAYA O-WESTに集結する。

Dear Loving、JURASSIC、LAID。このバンド名を聞いて、胸がキュンと熱くなるファンも多いのではないだろうか? 結成以来23年間活動を続けている現役バンドDear Lovingは別として、JURASSICとLAIDはこの日限りの一日復活。2004年に解散したJURASSICは2010年に1年間の限定復活をしているが、LAIDは2002年の解散以来一度も復活ライヴを行っていないので、ファンにとっては垂涎のステージである。

メンバー全員が真っ白な衣装に身を包み、スピード感あふれる楽曲の数々で鮮烈な印象を残したJURASSIC、ハードなライヴと笑いにあふれたMCのギャップで観客をノックアウトしたLAID、抜群のメロディセンスで常にクオリティの高い楽曲を発表し続けているDear Lovingと、時代を走り抜けた3バンドが一堂に会することになったきっかけは、彼らの共通の知り合いであるプロデューサーY氏の熱い想いがあった。

RYO(LAID/Vo)「解散してから時間がたってるし、今さら感があって復活ライヴは考えてなかったんですけど、Yさんが『LAIDを待っててくれる人がいる』っていってくれたので、みんなまた集まることになったんです」

SHINGO(JURASSIC/Dr)「ベースのANJIが長崎に帰ってるんで、復活ライヴはどうしようかと思ってたんですけど、Yさんが『やろうよ!』って背中を押してくれて、メンバーに聞いてみたら全員が即OKでした」

MASA(Dear Loving/Vo)「他の2バンドは復活だけど、俺らはずっとやってるんで、そのイベントに出る意味があるのか?って心配だったんですけど、YTKが『この3バンドだったら、絶対に面白いから』ってごり押しですよ(笑)」

 

こうして集まった3バンドであるが、実はつきあいが長い上にかなり濃密な関係性でつながっている。活動時期が同時期なのでライヴやメディアで顔をあわせることも多く、個人的にも親しい間柄。さらに、現在、SHINGO(JURASSIC/Dr)は、RYO(LAID/Vo)のバンドKING(実はLAIDのメンバーが、3人在籍している)と、Dear Lovingのサポートドラマーをしているのである。

MASA(Dear Loving/Vo)「昔から知ってるだけじゃなくて、今もKINGとはよく対バンするし、SHINGOはサポートでドラムを叩いてもらってるし、ほとんど身内が集まるイベントですよね。うちとJURASSICはシーンに出て来たのがほとんど同じ頃だったので、ホントに同期って感じです。LAIDはちょっと先輩なんだけど、当時、池袋サイバーの人に『今、うちで一番動員があるのが、大阪弁でMCの面白いバンドだから、Dear Lovingもきっとウケると思うよ』っていわれて、それがLAIDでした」

RYO(LAID/Vo)「JURASSICとは、当時、雑誌SHOXXが主催していたライヴ・ツアーで、一緒に全国を廻ってました。Dear Lovingも大阪のバンドだし、接点は多かったですね」

SHINGO(JURASSIC/Dr)「長崎から上京した時、同じくらいのタイミングでDear LovingとLAIDと知り合いました。Dear Lovingと最初に会ったのはテレビ番組の収録で、東京のことを知らなかったのでいろいろ話しましたね。LAIDはツアーを一緒に廻ったこともあったし、家が近所だったのでプライベートでも仲良くさせてもらってました」

昔話や思い出話を始めたら尽きない彼らであるが、この3つのバンドが同じステージに立つのは初めてのこと。いったいどんなライヴをするのか、どんなイベントになるのか、構想は決まっているのだろうか?

RYO(LAID/Vo)「演奏するのは後期のハードロックっぽい楽曲よりも、前期の元気のいい楽曲が多くなるんじゃないかな。みんなに予習して来てもらいたいから、事前にやる曲を何曲か発表しようと思ってます。ファンや関係者も巻きこんで、楽しいお祭りにしたいですね。終わったあとにおいしいお酒が飲めれば、最高です」

SHINGO(JURASSIC/Dr)「ライヴで盛り上がる曲、勢いのある代表曲を詰めこんだライヴになるんじゃないかと思います。同世代だったから昔はライバル心もあったけど、こんなに長い間音楽をやって来てる仲間たちだから、みんなで音楽の楽しさを伝えられればいいですよね。どのバンドのファンも一緒に、盛り上がりたいです」

MASA(Dear Loving/Vo)「LAIDもJURASSICも好きな曲が多いから、単純にそれが聞けるのが嬉しいし、みんなに会えるのも嬉しい。ただライヴに関しては単に『懐かしい』だけでは終わらせたくないし、僕たちは今のDear Lovingのいいライヴを全力でやりたいと思ってます」

実力派揃いである上に、ライヴを楽しませること盛り上げることに関しては、ピカ一のこの3バンド。きっと時の流れを超えて、8月7日は熱く楽しいステージを繰り広げてくれるはずである。今からこの日が待ち遠しくて眠れなくなる人たちが、続出することは間違いないだろう。

(ライター大島暁美)

「Earliest Memories」
8月7日(日) TSUTAYA O-WEST(東京)

OPEN 17:00 / START 17:30

<チケット>

チケット発売日:3月5日(土)

・プレイガイドのみ販売 

ローソンチケット:Lコード72041

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP