ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「全旅人に朗報」3月1日よりインドビザの現地取得が可能に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月1日より日本人インドビザの現地取得(アライバルビザ)が可能になりました。

 

アライバルビザ取得の条件

photo by pixta

取得条件は

空路での入国のみ

デリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイ、バンガロー、ハイデラバードの6空港のみ

30日以内の滞在(復路の航空券チケット提示が必要)

インド入国時6カ月以上の残存期限がある旅券を所持していること

上記の条件を満たし必要書類などを用意のうえ、現地にて2,000ルピーを支払えばアライバルビザの取得が可能です。

 

日本でのビザの取得方法

photo by shutterstock

日本での申請はインドビザ申請センター東京またはインドビザ申請センター大阪オンライン申請フォームから情報の記入をして、ビザセンター行き申請を行います。

その他、代理業者での代行申請や、事前にインターネットで申請する方法(e-ツーリストビザ)もあります。

インドは12月1月が旅行者のピーク時期ですが、その他の期間でもビザセンターは大変混み合います。余裕を持った旅行準備を心がけたいものですね。

 

出発前には必ず確認を!

photo by shutterstock

アライバルビザの導入により、査証取得に一苦労だったインドがより身近になります。この機会に渡航を考えている方は日本国民であるアドバンテージを最大限に活用しましょう!

また査証に関する詳細は変更になる恐れがあります。事前に必ずご自身でご確認ください。

関連記事リンク(外部サイト)

パスポートを盗まれた!最悪の年明けから始まった奇跡の物語「後編」
【海外への第一歩】初めてのパスポートの申請から取得までの手順を説明します
インドへ行く方へ朗報!インドのオンラインビザが半額以下になりました!
パスポートを盗まれた!最悪の年明けから始まった奇跡の物語「前編」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。