ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いまは5基のみ昇塔可能の「パガン遺跡」の魅力!いつか登れない日がくるかもしれない…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本からも近く、旅がとてもしやすい東南アジア。多くの方もすでに行ったことある国もいくつかあるのではないでしょうか?

そんな「アジアはもうだいたい見たしなー」という方にこれからぜひおすすめしたい旅行先が、最近とても人気が急上昇しているミャンマーです。

「数日間の予定が観光ビザ期限ぎりぎりの28日間いた!」「28日間でも足りない!」「1番好きな国!」というのが、私の周りの旅人の感想です。

そのミャンマーの中でも特に絶景が見れる場所として旅人を魅了してやまない「バガン」に実際行ってきてみました!

 

どうして人気急上昇?

P2090754 (2)

バガンのあるミャンマーはここ2年ほどで急激に人気を伸ばしている国の1つ。

その大きな理由は、以前はミャンマーはタイやラオスなどの国と国境を接しているにも関わらず、ミャンマー国内を旅行するには飛行機で入るしか方法しかなく不便でした。

 

しかし、2013年9月に陸路の国境が外国人旅行者にも開放され、アジアを旅する旅行者がバスなどで入国ができるようになりました。

さらに、ミャンマー人の人柄や、隠れた絶景、物価の安さなどの魅力が口コミで広がり、とても人気な国へと変わってきています。

特にバガンという町にあるバガン遺跡は、世界遺産になるのでは?と噂されているため、今のうちに行っておこうという人が多いのも理由の1つかもしれません。

 

バガン遺跡って?

P2090761

バガンはヤンゴンから夜行バスで約9時間北のほうにある小さな町です。

カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと並んで、世界三大仏教遺跡のひとつと言われています。

 

広い平野部に大小さまざまなパゴタや寺院が点在し、その数は3000を超えると言われています。

特にその遺跡とともに見られる朝日と夕日は、とても幻想的で美しくこれを見るためにバガンに来る人も多くいます。

 

幻想的な朝日に、圧倒される

P2090722

私の中でも特に美しいと思えた日の出が、このバガン遺跡から見た朝日。

朝5時、旅仲間とレンタルバイクで遺跡のほうへ向かいます。バイクに乗ったことない人でも大丈夫!とても簡単な電動スクーターなので、ちょっと練習すれば誰でも乗れるようになります。

 

日が昇る東の方向に景色の広がるパゴタに上り、太陽が上がってくるのを待ちます。日の出は6:45。遠く地平線から、パゴタの間を抜けるように日が昇ってきました。

今まで見てきた、海に上がる朝日や気球から見る朝日とは全く違う幻想的な風景に感動します。

 

見切れないほどの遺跡の数々に、好奇心はMAX

P2090828 (3)

先にも書いたように、バガン遺跡は広大なエリアに3000を超える遺跡が点在しています。

徒歩で見て回るのは不可能なので、自転車か電動スクーターを借りて周ります。ちなみにレンタルバイク代は約460円(2016年2月時点)で丸1日借りられます!

 

観光客に有名なシュエサンドーパゴタのような大きいものから、誰も来ないようなひっそりとした場所にたたずむ小さいパゴタまで、1日かけても全ては見切れません!

 

食事が安すぎて、貧乏旅行でもたらふく食べられる

P2050351

ミャンマーはアジアの中でも特に飲食代が安い国。

宿泊費やバス代はアジア諸国と差はなく、むしろ高いと感じるところも多いですが、食費は比較的安く抑えられます。

 

有名観光地のバガンですが、観光客用のレストランで食事と飲み物を頼んでも300円前後。ヤンゴンの屋台などに比べれば高いですが、観光地でこの値段で抑えられるのはうれしかったです。

 

神秘的な雰囲気が漂うサンセットに、心が洗われる

P2090848 (2)

1日の最後に必ず見ておきたいのが日の入りです。

朝のぼるのを見た太陽が西の空に沈んでいきます。この日の日の入りは18時半頃。西の方角が見えるパゴタから、だんだん日が落ちてあたり一面がオレンジに染まっていく風景を眺めていると心落ち着きますね。

やはり朝日と同じく、パゴタと太陽って相性がいいように思えます。

P2090872 (2)

そして日が落ち切ったあとのマジックアワーもまた神秘的。1日を通して太陽を楽ませてくれる場所です。

 

フレンドリーでしつこくないミャンマー人

P2090810

私が1番感じた魅力はミャンマー人のフレンドリーで親切心たっぷりの人柄です。

たとえば、バイクが路上でパンクしたときも、通りすがりの人が声をかけてくれて電話をし、バイク屋のお兄さんが来るまで一緒に待っていてくれたミャンマー人。

地図ともいえない地図を見ながらパゴタを探していると、さっと声をかけてくれて道を教えてくれました女の子2人組。

発展途上国での道案内に、チップが必須であるイメージがあった私は、「チップを要求されるんじゃないか?」と構えた自分が恥ずかしくなりました。

もちろん中には悪いことを考えている人いるかもしれませんが、日本人に劣らないくらい”おもてなしの心”のある国民性があるんだなぁ、と感じました。

 

魅力的な場所だからこそ、私たちが守らなければいけないこと

P2090706 (2)

これだけ魅力たっぷりなバガン遺跡。

私が行ったのは2月前半ですが、この数週間後の2月22日にミャンマー政府から「マナー違反が多いため、仏塔に登ることを禁止する」と政令が発表されました。

翌日、5基のみ登ることが許されるように変更されましたが、これは私たち観光客が自ら招いてしまった事態です。

 

「この景色を1人でも多くの人に見てもらいたい!」とどの旅人も思うことだと思いますが、その一部のマナーを守らなかった人の行為で、この景色を見せられるチャンスを減らしてしまいます。

自国の物じゃなくても、その国の独特で伝統的なものは一人一人が守っていくものではないでしょうか?

訪れる際は必ずルールを守って、後に訪れる旅人のためにも同じ景色を残していくようにしましょう!

 

今までとは一味違う絶景

これまでたくさんの絶景を見てきましたが、ここまで「神秘的」や「幻想的」という言葉が当てはまる景色はありません!

きっとこれからこの魅力的なバガン遺跡は有名観光地になること間違いなしです。

急激な観光客の増加や経済発展で色々変化のある場所になると思いますが、マナーを守ってこの絶景に心を奪われてみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

アジア最後のフロンティア「ミャンマー」の世界遺産と観光スポットまとめ
【保存版】海外旅行でミャンマーに行ったらやるべき14のコト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。