ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽動画配信のVevoが定額制ビジネスに参入か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

170億再生を生む音楽動画配信のVevoが、定額制ビジネスに参入か?

ユニバーサルミュージック・グループとソニーミュージックのジョイントベンチャーで、音楽動画の配信プラットフォームの「Vevo」が定額制サービスを始める準備を進めているとCEOのエリック・ハガーズ(Erik Huggers)が明らかにしました。

日本からはアクセスができないVevoですが、2009年に立ち上がった後、広告付きモデルで音楽動画やライブ動画を配信し続け月間170億再生にも上る巨大な音楽動画プラットフォームに成長しています。

テック系メディアre/codeが主催するイベント「Code/Media」カンファレンスに出演したハガーズは、早ければ年内にも定額制の導入を始めると述べました。

現在私たちのビジネスは全て広告モデルです。従って、業界で話題に挙がる定額制ビジネスは、重要なポイントの一つと考えます。私たちはこの分野に関心があります

YouTubeの人気上昇に伴い成長してきたVevoの視聴は、半数以上がモバイルからのアクセスに移行しています。最近はiOSアプリやApple TVアプリの開発やAndroidアプリのアップデートでパーソナリゼーション機能に力を入れるなど、これまでのビジネスモデルを変化させて、音楽業界でのマネタイゼーションに本腰を入れると見られます。

ハガーズは、定額制サービスでは、現在のVevoよりもさらに多くの「オリジナルコンテンツ」を制作して配信するつもりだと言います。

定額制の導入時期など詳細にハガーズは言及しませんでしたが、Vevoの定額制が始まれば、YouTubeが昨年開始した定額制サービス「YouTube Red」と直接調合すると考えられます。

■記事元http://jaykogami.com/2016/03/12817.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP