体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【仙台】ホッペがいくつあっても足りない! 口の中でとろける ”北限のアナゴ“の絶品握り!

f:id:mesitsu_lc:20151024161637j:plain

宮城県は、年間水揚げ300t~600tを誇る、全国トップクラスのアナゴの名産地。しかも、質の高さでも群を抜いており“北限のアナゴ”などとも呼ばれ、築地市場などでも高く評価されているのをご存知ですか?

その秘密は、豊かな仙台湾にあります。暖流と寒流がぶつかる潮目に位置するため餌が豊富で、しかも湾内は穏やかでアナゴの生育には最適な環境。このため、ストレスなくすくすくと育ち、大きさと脂の乗りが格別なのだそう。

しかも、不思議な事に仙台湾で獲れるアナゴは殆どがメスで、オスに比べて魚体が大きく、見た目・味ともに格別に優れていると言われます。

この質の高さから、仙台湾のアナゴは全国の食通からまさに“引く手あまた”状態で、トップクラスの漁獲量を誇りながら地元にはあまり出荷されていないのです。このため、仙台湾のアナゴの超絶的美味しさを知らずに、のほほんと暮らしている宮城県民も少なくないのであります。

実はオラもそのひとりだったのですが、その仙台湾のアナゴをふっくらふわふわの煮アナゴに仕上げて食べさせてくれるお寿司屋さんがあると聞いて、早速実食レポートに行ってきました!

寿司激戦区で初代の味を守る老舗寿司店

そのお店は、仙台市の中心部・サンモール一番町の「文化横丁」。昭和の香りが色濃く残る、飲食店街の一角にひっそりと佇んでいました。

小さな横丁ですが、寿司屋さんが多く集まり、各店が味を競っています。「一平寿司」さんも、戦後間もなくこの地で開店した老舗寿司店で、現在は2代目が暖簾と味を守っています。

f:id:mesitsu_lc:20151024160810j:plain

ご主人は「先代の味を守っているだけだから……」と謙遜しますが、ネタにこだわり、手間暇を惜しまない姿勢を貫く事は、決して容易な事ではありません。

例えば、カンピョウひとつとっても、前夜から仕込みを開始し、手間暇をかけながら秘伝のタレでじっくり煮込んで仕上げるのだとか。このタレも、必要最小限の調味料を配合したもので、素材の味を邪魔せず、風味を生かすよう、初代が磨き上げたものだそうです。

さて、そんな技とこだわりが注ぎ込まれた寿司とは、果たしてどのような味でありましょうか。期待に鼻穴を幾分膨らませたオラ、噂の煮アナゴの握りもついているという、ランチセットを注文。

f:id:mesitsu_lc:20151024161028j:plain

ネタケースの中には、丁寧に仕込んだネタがいっぱい。評判の煮アナゴや厚焼き玉子、コハダなどがきちんと並べられ、出番を待っています。ほどなく、奥からおかみさんが笑顔で小皿を運んで来ました。

なんという事でしょう! ランチセットには、日替わりでおかみさんの手作り惣菜がつくのです。この日は、かぼちゃの煮物に、揚げ出し豆腐の自家製南蛮味噌、赤かぶの甘酢漬け、大根の味噌汁という豪華顔ぶれ。

f:id:mesitsu_lc:20151024161005j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。