ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

瞑想時のシータ波を体験!睡眠品質を改善するデバイス「Sleep Shepherd」に話題騒然

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

sleepshepherd_1たっぷり寝たはずなのに、なぜかすっきりしない、夜中に何度も目が覚めてしまう……。

こうした問題の多くは、睡眠の質に起因するという。逆を返せば、眠る時間を増やさずとも、その質を改善すれば、良質な睡眠を得られるということだ。

Kickstarterに登場した「Sleep Shepherd」は、まさにそのためのアイテム。脳波をリアルタイムで追跡し、バイオフィードバックによって睡眠品質を改善する、画期的なスリープトラッカーである。

・バイノーラルビートでノンレム睡眠を誘導

sleepshepherd_2「Sleep Shepherd」は、薄型スピーカーと、伝導性ファブリック脳波記録(EGG)センサーを搭載したヘッドバンド。装着と同時にアクティブに睡眠を促進し、脳波の活動を追跡していく。

ここで効果を発揮するのが、睡眠障害改善に役立つバイノーラルビート。周波数の音を左右の耳から聞くことで、リラックス効果を得るというもの。「Sleep Shepherd」では、これを使って、緩やかに脳を覚醒状態へと導いていく。

両耳それぞれに、異なる周波数音を発生させると、脳の中で音が合成されて差が生じ、その結果、瞑想時に体験する シータ波を誘発する。シータ波は、睡眠移行におけるまどろみの状態に起るもので、ノンレム睡眠(深い睡眠状態)には欠かせない要素。本品のシステムは、科学的に見ても、理にかなっているのだ。

そのバイノーラルビートと、EGG測定結果を使用しながら、独自に開発したバイオフィードバックシステムで睡眠パターンを最適化。利用するたびに、睡眠の質を上げていくのだという。

・プレオーダーセットは完売続出!

sleepshepherd_3デバイスには専用アプリがあり、睡眠パターンや、右向きに寝た時間、仰向けに寝た時間等のヘッドオリエンテーションを表示。データによって、個々の睡眠傾向を把握することも可能だ。

Kickstarterでは、すでに目標額の20倍近い資金を達成。プレオーダーセットも、続々完売という人気ぶり。眠りに悩む人がいかに多いか、端的に表す結果となった。

プロジェクト公開は、3月25日まで。現段階で受け付けている支援は、199ドル(約2万2,600円)から。

Sleep Shepherd/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。