ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DeNAラミレス監督 「野球を楽しもう」発言の真意を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季から横浜DeNAベイスターズの指揮を執るのがアレックス・ラミレス新監督(41)だ。現役時代はMLBを経て、2001年からヤクルト、巨人、DeNAの3球団で13年間プレーし、首位打者1度、本塁打王2度、打点王4度を獲得。パワーヒッターのイメージが強いが、監督就任に際して打ち出した方針は、「バッテリーを中心とした守りの野球」だった。

 緻密な守りの野球を目指す姿勢は、キャンプ中に垣間見ることができた。小ぶりの黒革の手帳を片時も手放さず、試合中でも練習中でもひたすらペンを走らせていた。

「内容はすべて頭の中に入っています。書き込むのは後で振り返るため。昨年の奄美大島での秋季キャンプから今まで、あらゆることがここに書かれています。たとえば、捕手の配球とその時の状況、そして、結果。毎回ベンチに戻ってきた捕手と、『なぜあの配球にしたのか』と話をして試合中に修正していこうと思っているのです」

 気になるメモの中身だが、選手の特徴や基本的にはポジティブなコメントを書いているという。

「大事な情報が詰まっているから、見せることはできません。たとえ、財布や携帯電話をなくしても、これだけは落とせない。自分の奥さんにだって見せたことがないんだから(笑い)」

 これまでの外国人監督の多くは、腹心となるコーチを呼び寄せてきた。常に決断を迫られる監督業において、母国語で相談できる部下の存在は貴重だからだ。だが、ラミレス新監督はコーチ人事の一切を球団に任せた。

「私から高田繁GMにコーチの組閣を任せますと話しました。与えられたスタッフをマネジメントするのが自分の仕事だと思うし、実際に素晴らしいコーチ陣に恵まれ、いいチームになってきたと手応えを感じている。

 そもそも外国から自分の右腕となるコーチを連れてくればいい結果が生まれるとは限らない。日本の野球を知らないコーチは、自分を差し置き日本の野球の方を変えようとする。それではダメなんです。DeNAが私にオファーをしてくれたのは、私が日本の野球を理解しているからです。もし外国から腹心を連れてくるなら、自分と同じくらい日本の野球に精通していなければなりませんが、そんな人間はいませんからね」

◆困難に立ち向かうことこそ一番楽しい

 DeNAは12球団の中で唯一、CSに出場したことがない。だが、熱烈なファンが球団を支えている。DeNAが親会社になって以来、ホームゲームの観客動員数は毎年増え続け、伸び率は12球団一を記録する。

「我々はすべてのゲームでベストを尽くしてプレーするだけですが、ファンのために勝利することが最重要課題です。今年のスローガンは、『WE PLAY TO WIN』(勝つために戦う)。最後まで諦めずに戦い続け、最後に皆で一緒に喜びを分かち合いたい」

 監督就任以来、選手たちに一貫して「野球を楽しもう」といい続けてきた。その理由は、日本人が「楽しむ」という言葉の意味を正しく理解していないと感じているからだ。

「『楽』という字は、日本語で『楽をする』という意味がありますね。だからなのか、心のどこかに楽をしたいという欲求があるように思う。しかし、本当の『楽しさ』というのは、一生懸命取り組んで最高の結果を出した時に味わう感動なのです。現役時代、私のパフォーマンスを多くのファンが面白いといってくれましたが、私自身は真摯に真面目に野球に取り組んだ結果の喜びの表現でした。うちの選手たちにも、その感覚を経験してほしいのです」

 前任の中畑清監督は、よくも悪くも監督自身が目立つ存在だった。ラミレスも現役時代、「ゲッツ!」「ラミちゃん、ぺ!」などのパフォーマンスでファンを沸かせてきたことから、中畑野球の継承者として見る向きもある。だが、グラウンドの姿を見る限り大きな誤解であることがわかる。

「一番難しいのは、10年連続Bクラスという現実を前にして、選手たちが本気で自分を信じ、自分たちは勝てるのだと確信できることです。とても困難だと覚悟していますが、一番楽しいのは困難に立ち向かうことなのです」

 今季こそ人気と実力を兼ね備えたチームとして球界を席巻するか。日本の野球と日本人を知り尽くす新人監督の手腕を期待したい。

◆アレックス・ラミレス/1974年生まれ。ベネズエラ出身。メジャーのインディアンス、パイレーツを経て2000年にヤクルトに入団。2003年、打率.333、40本塁打、124打点で打点王と本塁打王、最多安打のタイトルを獲得。巨人を経て、2013年に外国人選手初の2000本安打を達成。2014年、BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスに打撃コーチ兼任の外野手として入団。2014年に現役を引退、2016年横浜DeNAベイスターズ監督に就任。

■取材・文/田中周治 撮影/スエイシナオヨシ

※週刊ポスト2016年3月11日号

【関連記事】
解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場
【プロ野球コーチの役割】ヘッドコーチ編 監督退場時は代役
巨人化進む横浜 「今季の巨人戦もっと数字伸ばせる」と選手

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP