ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「真田丸跡地でない」と判明した神社の宮司の意外な反応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「大河ドラマ『真田丸』(NHK)が始まって、参拝客が一気に増えましたね」──そう笑うのは大阪市天王寺区にある三光神社の小田禮五郎・宮司だ。三光神社は1614年の大坂冬の陣で豊臣方についた真田幸村(信繁)が20万ともいわれる徳川の大軍勢から大坂城を守るために築いた砦、いわゆる「真田丸」の跡地を謳っている。

 三谷幸喜・脚本で話題の『真田丸』の主人公・真田幸村(堺雅人)の終焉の地である大阪に、早くも観光客が集まっているのだ。

 三光神社の境内には、軍配を振りかざす真田幸村像がそびえ立ち、「真田丸跡」と書かれた顔ハメ看板や真っ赤なのぼりが並ぶ。

 ところが、である。最新の調査によるとこの神社は「真田丸跡地ではない」というのだ。調査した城郭研究家の千田嘉博・奈良大学学長はこういう。

「大坂冬の陣の後、真田丸は徹底的に破壊され、これまでは伝承をもとに“このあたりにあったのだろう”という推測しかなかった。今回、広島藩主浅野家の残した『浅野文庫諸国古城之図』などこれまで見過ごされてきた史料を精査し、さらに大阪文化財研究所などの協力を得て、地中レーダー探査を行ないました。

 その結果、これまで半円形だと伝えられてきた真田丸が、実際は巨大な四角形だったことがわかり、その位置も三光神社の周辺ではなく、数百m西側の大阪明星学園を中心にした一帯であったと判明しました」

 調査結果を受け、2月初旬には大阪明星学園前に真田丸顕彰碑が建立された。

「跡地ではない」と結論づけられたことを三光神社の小田宮司にぶつけた。すると意外な答えが返ってきた。

「まぁ、正確にどこに砦があったかというのは、うちとしては、どっちゃでもええんですよ(笑い)。ともかくこのへんにあったいうんは間違いないことですからね。こういう論争をしてもらったほうが、話題になるからありがたいですわ」

 そう語ってニヤリと笑った。ナニワらしい商魂たくましさだが、跡地じゃないのに「真田丸跡」を名乗るのは流石にマズい気が……。

 正しい跡地と判明したエリアには、真田幸村400回忌の2014年に幸村の墓が建立された心眼寺もある。観光客を奪い合う“大阪春の陣”はこれからが本番か。

※週刊ポスト2016年3月11日号

【関連記事】
「神宮」と「大社」の違いは? 神宮は天皇を祀る神社が多い
愛知・犬山の“倍返し”神社『半沢直樹』効果で来訪者2割増
『真田十勇士』出演加藤雅也「人間くさい真田幸村演じたい」

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP