ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ザラザラ”のうちに対処。ニキビになる前のサインを見逃すな!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

季節の変わり目ということもあり、大人女子のお肌は季節や環境で揺らぎがち。すぐにカサついたりニキビができたり。でも大人ニキビにも段階があります。肌がザラザラする感じになる白ニキビのうちに対処しておけば悪化する可能性を防げるのです。嫌なニキビの対処法をおさらいしておきましょう。

どんなニキビも原因は毛穴詰まり

ニキビとは毛穴に皮脂や汚れなどが詰まって角栓ができ、アクネ菌が詰まった皮脂をエサにして繁殖し、炎症がおきること。アクネ菌はもともと皮膚のバランスを保つためにいる常在菌という善玉菌です。毛穴が詰まって皮脂が過剰に出ることでアクネ菌が増え過ぎ、バランスが崩れてニキビが発生するのです。ニキビの根本的な原因はアクネ菌ではなく毛穴詰まりだということを覚えておきましょう。

ニキビは4段階に育っていく!

角栓が発生してから、ニキビは4つの段階を経て化膿していきます。最初はまだ炎症が起きていない状態の白ニキビと言われるもので、白くプツっとした吹き出物ができるか、ごわごわ、ざらざらといった感触の違いが生じます。この段階ではほとんど目立ちませんが、触るとなんとなくわかるはず。「あっ」と思ったらこの段階で対処することがとても大事です。

これよりさらに皮脂などが詰まって毛穴に収まりきらなくなると、黒ニキビといわれる状態に。まだ炎症は起きていませんが、溜まった皮脂や角栓が空気に触れて酸化して黒く見えます。さらにアクネ菌が増殖すると炎症が起き、毛穴の中で赤く腫れあがってしまいます。この状態になると治癒しても跡が残る可能性があります。赤ニキビがさらに悪化すると、毛穴の周囲にまで炎症が起き膿を持つ黄色ニキビになります。炎症は真皮層にまで達しているため、跡が残ったり色素沈着が残る可能性が高くなります。

白ニキビのうちに治したい!

悪化してしまう前にケアをしてニキビを撃退したい! そのためにはどうすればよいのでしょう? 思春期ニキビと違い、大人ニキビの場合は皮脂を抑えただけではよくなりません。むしろ乾燥して肌の柔軟性が失われ角栓ができてしまう可能性があるので、思春期用のニキビ製品は使うべきではないでしょう。角質を取るピーリングやブースターケアをしたら、徹底的に水分と油分の補給、肌バリアを復活させるためのビタミンB類やビオチンをしっかり摂ることが大切です。特に夜のお手入れは、水分と油分を交互につけてサンドイッチ状態にし、何度も時間をかけて水分をしみ込ませてから油分で蓋をする方法が効果的。

忙しい日が続くと、ちょっとした肌の変化も見落としたり見なかったことにしがちです。後々後悔しないためにも早めの対処を心がけましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP