体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AL、Polarisとのツーマンで1stアルバムの世界観を披露―OTOTOYライヴレポ

エンタメ
AL、Polarisとのツーマンで1stアルバムの世界観を披露―OTOTOYライヴレポ

2016年3月2日(水)東京・リキッドルームにて〈AL×Polaris LIVE〉が行われ、ALが4月13日に発売される1stアルバムの世界観を披露した。

異色の組み合わせとなったこの日、チケットはすでにソールドアウト。開場後すぐにフロアはパンパンに満員になっていた。

まずはPolarisが登場すると、ステージに向かって左からオオヤユウスケ(Vo.Gt)、柏原譲(Ba)が並び右端にサポート・ドラマーのあらきゆうこが陣取る。今日は3人体制でのライヴとなるようだ。「こんばんは、Polarisです! 楽しんでいって下さい!」オオヤの第一声からライヴがスタート。ディレイのかかったギターのアルペジオを、あらきのバスドラが追いかけると、そこに柏原のベースが加わり「天気図」が始まった。ゆっくりと確実に会場の温度が上昇して行くのがわかる。浮遊感のあるヴォーカルが聴けた「ねじまわし」では後半、ギターのカッティングが激しくなるのに合わせてリズム隊も白熱する。

「はじめまして、という方もいらっしゃると思います。Polarisはいつもはだいたい4人編成なんですが、今日は3人編成です」とオオヤがメンバー紹介を行い、「今日はお客さんが若くていいですね」とつぶやいて笑わせる柏原。穏やかな空気感のMCから代表曲「深呼吸」へ。清涼感のあるポップなメロディとダブ・サウンドが融合したPolarisの真骨頂だ。鍵盤がない分、オオヤのギターが刻むカッティングが強調されていた。「いつもは4人とか5人とかの編成でやることが多かったので、3人でやるというのは、すごくいいね(笑)」とオオヤ。ALの小山田壮平とは、「彼が大学生の頃から友だち」ということで、昔からつながっている感覚だという。そして、小山田が好きだと言ってくれたという曲「光と影」へ。リズム隊の淡々としたビートと、反復されるギター・フレーズが心地よく、幻想的なムードで酔わせてくれた。ラストは、3人のプレイが火花を散らす、オルタナティブな「瞬間」で終了。エンディングは迫力のダブ・サウンドの余韻を置いてステージを降りた。初期曲が多く、3人編成で再構築を試みているようなライヴと「今年は“新しいPolaris”を探していこうかなと思っていて、ライヴもたくさんやろうと思っています」とのオオヤのMCから、2016年は精力的なライヴ活動に期待が持てそうだ。

転換の間、BGMにはオアシスやボブ・ディランなどが流れていた。会場が暗転するとALの4人が大歓声に迎えられてステージに姿を現した。小山田壮平(Vo./Gt)と長澤知之(Vo./Gt)がそれぞれ「ようこそ!」とフロアに向かって挨拶。「ALです!」の言葉を合図に、バンドのアルバム・デビューを自ら祝うように「HAPPY BIRTHDAY」からライヴが始まった。小山田と長澤が交互に言葉をぶつけ合うように「ハッピーバースデー!」と歌い、藤原寛(Ba)と後藤大樹(Dr)が曲を疾走させる。曲が終わると間髪入れず小山田がイントロのギター・リフを弾き「風のない明日」へ。長澤が歌い出して小山田が加わる。「シャッター」では長澤がアルペジオを弾きながら小山田がハモる。どちらかが歌う、というよりもどちらかが中心になりつつも2人の声が重なり合うことでALの曲になっている印象だ。サビでは、まばゆい星空のようにライトが点滅。“永遠なんて永遠ない”という歌詞が耳に残った。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会