ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新社会人のための歓迎会攻略ガイド

DATE:
  • ガジェット通信を≫


新社会人が入社する企業のなかには、研修期間の終了にともない配属先が決定するところも多く、早ければゴールデンウィーク前に配属となるケースも。それは、直属の上司や仕事を教えてもらう先輩が決まるということになり、待っているのは「歓迎会」だ。社会人の飲み会は未経験の人も多いはず。先輩・上司はどんな会話で盛り上がっているのだろうか。先輩社会人にあたる入社1~2年目の会社員200人と、上司世代にあたる30~40代の会社員200人に聞いた。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●上司と盛り上がりやすい話題は?(入社1~2年目の会社員200人に複数回答で調査。協力/アイリサーチ)

1位 仕事・会社について 34.0%
2位 趣味・特技について 23.0%
3位 同僚・取引先のウワサ話 17.0%
4位 そのお店の料理やお酒について 16.5%
5位 恋愛事情 15.5%

●後輩・部下と話してみたい話題は?(30~40代の会社員200人に複数回答で調査。協力/アイリサーチ)

1位 仕事・会社について 48.5%
2位 趣味・特技について 48.0%
3位 休日の過ごし方 26.5%
4位 最近の悩み・不安について 24.0%
4位 時事ネタ 24.0%

先輩の結果も上司世代の結果も、1位と2位は同じ話題となった。仕事に関する話とプライベートな話題、どちらもバランスよく話せると盛り上がりそうだ。ちなみに、3位以下はガラッと変わっている。上司世代は職場のウワサ話よりも、後輩が抱えている悩みや不安を知りたいよう。飲み会の場を借りて悩みを打ち明けてもいいだろう。

また、今回の調査では以下の項目について、上司世代に、飲み会の時の新人の行動として、「必要」「不要」を選んでもらった。実際の飲み会で、どちらか迷うときは、このデータを参考にするといいだろう。

●待ち合わせ時間より早く到着する
必要84.0%、不要16.0%

●酔っ払って意識をなくさないようにする
必要76.0%、不要24.0%

●上司の話を聞く側に徹する
必要41.0%、不要59.0%

●最初の注文は上司・先輩と合わせる
必要36.0% 不要64.0%

●率先してお酌する
必要36.5% 不要63.5%

昔は「最初の乾杯は全員ビール」「新人はお酌して回るべし」といったマナーもあったが、最近は上司もそこまで気にしていないようだ。上司のコップが空になったら「おかわりいかがですか?」と声をかける程度でいいだろう。上司によっては、話を聞いてほしい人もいるし、部下の話を聞きたい人もいる。タイプに合わせて立ち回るべし。

(R25編集部+有竹亮介・池田香織/verb)
(R25編集部)

新社会人のための歓迎会攻略ガイドはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

上司が重視する飲み会マナー1位は
同期に差をつける!?飲み会処世術
上司との飲み会で困る話題1位は?
職場の飲み会あるあるTOP10
「トンデモ新入社員」列伝10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP