ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐の新曲作った山下達郎&竹内まりや ジャニーズとの絆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 山下達郎(63才)と竹内まりや(60才)は、夫婦共演が多いが、実は、竹内が作詞を手がけ山下が作曲するといった作品は『ウエイトレス』や『さよならの夜明け』などわずかしかない。そんな夫婦が、嵐の新曲『復活LOVE』を手がけ、大きなニュースとなっている。

 もともと山下は、嵐がJr.時代から彼らのステージを見てきた。というのも、山下とジャニーズ事務所とのつきあいは、ものすごく古く、深い。1975年にデビューすると同時に、山下は他アーティストへの楽曲提供を行うようになるが、そんな中で近藤真彦(51才)と出会う。近藤の7枚目のシングルで、代表作ともなった『ハイティーン☆ブギ』(1982年)の作曲を手がけたのだ。

「それ以来、達郎さんとマッチは公私ともに親しくなって、まりやさんとの結婚式(1982年)では、マッチがスピーチしたんですよ。当時彼は17才の少年だったものの、親類を含めた会場全体が“あの子、いいね”となるほど、式に華を添えてくれたそうです。そしてマッチの結婚式(1994年)にも、夫妻は出席しているんですが、そんなふうに長くつきあえる人はなかなかいないと、お互いにその関係を大切にしているようです」(音楽関係者)

 その後、山下がKinKi Kidsのデビューシングル『硝子の少年』(1997年)や『ジェットコースター・ロマンス』(1998年)を手がけたのも有名な話だ。以前、雑誌のインタビューで、山下は、KinKi Kidsについてこう語っていた。

《非常にラッキーだったのは、KinKiの場合、剛くんが歌がうまかった。彼は、いままでのジャニーズの歴史のなかでも最も声がのれてる子だからね。(中略)『硝子の少年』はもう、ぼくの確信犯的な作品だから、最初評判悪くてぼろかすいわれたんだけど、成功を収めたので、安心して、自信にもなった》

 一方で竹内の『今夜はHearty Party』(1995年)の歌詞の中にこんなフレーズがある。

《今度こそ本当のすてきな恋つかまえよう キムタクさえもかすむような男》

 当時SMAPの木村拓哉(43才)は、ドラマ『あすなろ白書』(1993年、フジテレビ系)の取手くん役で大ブレークした直後。当時木村のトレードマークとなっていたロン毛が若者の間で大流行。ドラマ内で木村が着用したものは、服でもアクセサリーでも例外なくヒットするというキムタクブームの真っ只中だった。

「この曲の冒頭の“ねぇ、パーティーにおいでよ”というせりふのほか、コーラスにも木村さんが参加しているんですよ。まりやさんが事務所にダメ元でお願いしたところ、あっさり快諾。レコーディングには木村さん本人が、四輪駆動車を運転してひとりでやってきたそうです。曲には“愛してるよ”というせりふもありますが、これは同席していたディレクターの達郎さんが、レコーディングの終盤に木村さんに直接お願いして実現したんですよ。木村さんはずいぶん恥ずかしかったようですが、“断る理由もない”と、マイクを見ながら囁いたそうですよ」(芸能関係者)

 この日を思い出して、竹内はこう話したことがあった。

「達郎と3人で、コーラスをしながら、(木村が)笑顔で踊っているのを見て、やっぱりタダモノではないぞ、と驚かされた楽しい夜でした」

 その後も木村が出演するドラマの主題歌を山下が担当することが続いた。ドラマ『安堂ロイド』(TBS系、2013年)では、竹内が歌う『Your Eyes』が主題歌として話題になった。これは山下が1982年に発表したナンバー。彼が竹内のために書いたものの採用されず、自身のレパートリーにしたことで知られている名曲だった。31年越しの夫婦カバーが実現したのも、木村との絆があったからに他ならない。

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
竹内まりや&山下達郎 桑田夫妻と握手券無しでCD売る術協議
竹内まりや 水色ドレスで授賞式に登場「夫も喜んでいる」
山下達郎・竹内まりやと桑田佳祐・原由子夫妻 35年交流続く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP